飯田りえ

新年に考えたい「持続可能な子育て」「持続可能な働き方」につながるSDGs

「持続可能な社会を実現するには?」どうしても遠くから眺めがちな世界の問題。子どもに聞かれて説明に困った私は、まずは知ることから始めてみよう!と、とあるワークショップに参加しました。正直、世界の抱える問題解決ってどうしても自分からは遠く考えがちで、イメージしにくいですよね。そんな中、遊びの中で体感できるプログラムに参加しました。(詳しくは前回記事参照)

カードゲームで疑似体験し、その体験をレゴ® ブロックを活用して振り返る。遊んでいるだけに聞こえますが「こういうことだったんだ!」と腑に落ち、そこに爽快感を覚えたぐらいでした。(その内容は体験されてからのお楽しみなので、詳しくは記載しません。あしからず!)本来の目的でもある ”自分ごと化” につながり、日常の生活においても行動するようになりました。中高生はもちろん、小学生高学年向けにもあるので、子どもがもう少し大きくなったらぜひ体験させたいワークショップです。

この難しい課題を、どうやってイメージしやすく設計されたのか。ワークショップデザイナーで、こども国連環境会議推進協会(JUNEC)の事務局長、井澤友郭(ともひろ)さんにお話を聞いてきました。

経済を否定するだけでは解決できない、社会のジレンマ


——先日のワークショップ、とても面白かったです。井澤さんがJUNECでこうした活動されるきっかけは?

井澤友郭さん(以後、敬称略): 2000年に私の母が設立した環境教育NGO団体ですが、当初、私はIT系の会社で営業をしていました。転職を考えていた際に、少し手伝ったのがきっかけでした。運営上の改善点も見えてきたので’03年から参加することに。

——その頃からこういったテーマを?

井澤:そうですね。’05年ぐらいから社会的にも “持続可能性” というキーワードが浮上してきました。環境教育の団体なので水問題やゴミ問題を扱っていましたが、プログラムとして「経済活動だけを否定するシナリオ」が多く、参加者の中高生の胸には刺さるんですが、「持続可能性には“経済”の視点も重要ではないのか?」と、企業にいた経験のある立場からモヤっとていました。「100年先の持続可能性も大事だけど、今月の売り上げはどうする?」という現場のジレンマを飛び越して良いのか?と。

——確かに。両方必要な話です。

井澤:この現実社会にもあるジレンマを、きちっと体感せず「大人はずるくてきたない」「自然だけを守りましょう」みたいなアウトプットで終わるのはどうなのか…と。「経済だけを否定することが、果たして”サステナブル” なのか」それなら、自分なりに納得できるプログラムを作ろうと思い、‘05年からワークショップを作り始めました。

——企業に勤めた経験があってこそのプログラムなのですね。確かに。私も参加した時、ジレンマみたいなのが見え隠れして、白黒つけられない中でも全体を見て動く。そこから一気に “自分ごと化” されたと思います。

井澤:疑似体験できるワークショップだからこそ、ジレンマも体感できるのです。写真や映像、スライドを見せてもインパクトありますが、それだけでは世界ゴトを自分ゴトに近づけるには、ハードルがあると感じています。

——カードゲームとレゴの組み合わせも、気軽で入りやすかったです。

井澤:’16年ごろからイマココラボが開発しているSDGsのカードが話題になり、非常に面白かったのでファシリテーターの研修を受けて’16年末から取り入れました。そこにレゴを組み合わせたのは私なりの設計ですね。

自分の体験を”言語化”する難しさを、レゴで解決

——レゴと組み合わせすることで、どんな効果があるのですか?

井澤:「言語化」という課題観が私の中であります。日本人は覚えたことを語るのは得意なのですが、自分の中に起きた体験を言語化する経験が少ないため、とても苦手です。「あなたはどうなの?」と聞かれた途端、語れなくなる…。そこでレゴ®シリアスプレイ®と出会いました。レゴ® ブロックで作品を作り、作品を通して自分の言葉で語る、さらに「なぜこの高さに作ったの?」「なぜこの色を選んだの?」という質問されると「私はこう世界を見ていたんだ!」と後から気づいて言葉にできる。このプロセスを経て文章を書かせると、自分の言葉になって表現できる様になるのです。

——体験を言語化することが、より自分ごとになるのですね。

井澤:振り返りをちゃんとしないと「面白かったね」で終わってしまいますよね。それに「書かせる」振り返りだと、書いた内容を他人から評価される意識が出て、正解を書こうという考えから抜け出せないし、他人との違いが怖くなって素直に書けなくもなる。レゴだと ”人と違っていて当たり前” なので気後れしないのですよ。

——確かに。レゴを作って他の人と似ている方が不気味ですものね。最初は中高生向けに作られました?

井澤:「こども国連」という団体名の通り、活動対象の8〜9割中高生向けでした。最近になってSDGsをテーマにした企業研修や、マネージャー研修などで、ファシリテーションとかワークショップデザインの講義をしてくれないかという大人向けの依頼が増えました。

暮らしのヒント/社会貢献 最新の記事

社会貢献をもっと見る

Writer Profile

飯田りえ

ライター

Rie Iida

1978年、兵庫県生まれ。女性誌&MOOK編集者を経て上京後、フリーランスに。雑誌・WEBなどで子育てや教育、食や旅などのテーマを中心に編執筆を手がける。「幼少期はとことん家族で遊ぶ!」を信条に、夫とボーイズ2人とアクティブに過ごす日々。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン