佐々木はる菜

ちょっと面倒な「おもちゃ整理」、子ども一緒に楽しむための工夫とは?

あっという間に年の瀬。大掃除などの話題が出ることも多く、おうちのお片づけ具合が気になる時期ですよね。

お部屋をきれいにする際にいつも私が気になるのが、子ども部屋のごちゃごちゃ具合です。
今回は、その大きな要因でもある「おもちゃ」の整理について、我が家が実践してうまくいった方法をご紹介したいと思います。冬休みの予定のひとつにするなど、親子で楽しみながらお片付けをするヒントになれば嬉しいです!

子ども自身が選び、一緒に整理する大切さ

我が家のリアルお片付け中。何かのおまけや、自分で作ったもの、拾ったどんぐりなどなど、おもちゃの内容って多種多様。そしてどんどん増えていきますよね…

現在長男は6歳、長女は年明けに4歳になります。長男が3歳くらいまでは、まだおもちゃの量もそこまで多くはなく、私自身が気になったタイミングで勝手に整理して処分していました。成長と共にそれでまずいと感じ、本人に「いらないおもちゃを捨てて良いか」と聞くと、「全部いる!」という返事。「でも、最近これとこれは全然遊んでないよね?」「今から遊ぶ!」…というような不毛なやり取りを繰り返していました。

そんな中で知ったのが、子どもの反発心をあおりやすい「捨てる」ではなく、「分ける」という考え方。

実践!画用紙とペンとヒモを使って、遊びの延長でおかたづけ

おもちゃを「分ける」にあたり、子どもたちと何パターンが試していきついたのが、「よくつかう」「あまりつかわない」という2種類に分けるやり方。一番スペースを取ることができるリビングに全てのおもちゃを出し、真ん中をヒモで区切らせて線引きし、よく使うおもちゃとあまり使わないおもちゃに分けて行きます。

実際に出してみると、すごい量!おもちゃがいかにたくさんあるか親子で実感し、子どもたち本人も「すごい…いっぱいだね…」とびっくりしていました。

最初「いる」「いらない」に分けようとしたところ、また「全部いる!」になってしまい、やり直し。
また、もう少し細かく「あまり使っていないけれど大切」など4つくらい種類を作った時は、我が家の子どもたちには難しかったようで混乱してしまいました。

それぞれのおもちゃに対して「よく使っているかどうか」という判断は、シンプルで理解しやすく、スムーズに選別することができています。

ポイントは、おもちゃの「住所決め」と「7、8割の収納」

次は、選んだおもちゃを「収納」!その際に気をつけたことは、大きく3点。

◆どこに戻すかを決める 

よく言われることですが「片付けなさい」という言葉は、特に小さい子どもにとっては抽象的で分かりにくいそうです。「このおもちゃを、どこにしまえば良いのか」が本人たちにもわかる状態を目指し、子どもと一緒に何をどこに入れるか考えています。
ふたりとも字が読めるようになったので、場所が決まったら、すぐに貼り変えできるマステでラベリングしています。

何度か片付けの相談するうちに、箱の中に箱を入れて「『乗り物系』を『車』と『飛行機や電車』に分ける」など、彼なりのアイディアを出してくれるようになった息子。

◆「工作の材料」や「お店の付録」にも専用スペースを

すぐに増える上に、親の私も「これ、どうしよう…」といつも悩むのが、ファミレスやファーストフード店、子ども向け雑誌などでいただくおもちゃや付録。
そして、「これ、あとで何か作るからとっといて!」という、クッキングペーパーの芯やぷちぷちした緩衝材など、謎の「材料」の類。
すぐに増えるこれらのものは結局かなりの量となり、その時々でしまい場所を考えていると大変なので、入れる場所を確保しました。「そのスペースが溢れたら中身を見直す、減らす」など状況が目に見える方が、親子共にストレスが少ないと感じています。

◆詰め込みすぎず、取り出しやすい量に。

おもちゃも兄妹ふたり分となり、あまり収納スペースもないためギリギリまで入れていましたが、片付けしづらい上に、下の方に入っているおもちゃが取り出しにくく遊ばなくなる…など、逆に効率が悪いと気づきました。基本的なことかもしれませんが、7~8割くらいを目標に「おもちゃも苦しくないようにしまおう」と伝えています。

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

佐々木はる菜

ライター

Halna Sasaki

1983年東京都生まれ。結婚・出産を機にWebライターを始め、国内外のトレンドやニュース、子育て情報などを執筆。女性のキャリア・働き方についての情報発信も目指す。京都人の夫、甘えんぼ5歳息子&強気な2歳娘の4人家族

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン