上紙夏花

ネイリストから求職者支援訓練校校長に転身!現場を知り尽くした就職支援とは?


女性ばかりのネイルサロンでもキャリアを重ねるのは難しい?

手に職をつけておけば安心だと、多くの人がネイリストを目指します。実際にネイルサロンの労働環境はどうなのでしょうか?「女性を綺麗にするネイルの仕事が大好き」と語る、フェリス美容学院の校長、大西よしみさんにインタビューしました。

 

10年ほど前、ネイリストとして働いていた大西さん。目まぐるしく仕事をするなかで、同僚たちが結婚や出産でサロン辞めていく姿を残念な気持ちで見送ったそうです。女性ばかりの職場でも、指名制度もあるサロンでの仕事は子どもの急病で休んだりしにくく、責任のあるポジションに就きづらいという状況を目の当たりに。

 

大西さんは「時短でもネイリストとして気持ちよく働ける環境は作れるはず」と思っていました。そんなとき、偶然にもフェリスグループの代表、田岡健次さんに「ネイリストの求職者支援訓練校を開きたいから、力を貸してほしい」と依頼があったそうです。既に顧客を持っていた大西さんはサロンワークをすぐに辞めることはできませんでしたが、サロンワークを平行してネイリストの求職者支援訓練校の校長を務めることになりました。大阪でスタートした学校が現在では東京、神奈川にも開校し8校の校長として多くのネイリストの養成、就職支援を行なっています。

 

求職者支援訓練校とは?

みなさんの周りには、求職者支援訓練校に通ったことがある人はいますか?意外と制度自体を知られておらず、フェリスに通う人たちの多くは、ハローワークで初めて知って来るそうです。中には有料のネイルスクールを探していて、ネット検索で知る人もいますが、申し込み窓口はハローワーク。

求職者支援訓練校とは、その名の通り、求職者を支援するための学校。次に就職するための技術や知識を得るために、無料で通える学校なのです。都道府県から民間企業へ委託されて運営されているところが多く、実にさまざまな職業についての訓練校があります。現在は介護系や情報関係が人気だとか。

 

受講期間は一般的に3か月から半年程度のコースが主流(フェリス美容学院は4か月)で、一定の条件を満たしていれば月10万円の給付金をもらいながら求職者支援訓練を受けられます。

暮らしのヒント/生き方ナビ 最新の記事

生き方ナビをもっと見る

Writer Profile

上紙夏花

ライター

Natsuka Uegami

1977年大阪府生まれ。吉本新喜劇の女優を経て、ライターに。現在は化粧品の商品開発やPRを手掛けるほか、ベビーマッサージ講師としても活動している。夫・息子6歳&1歳。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン