津島千佳

知ってた? 実はパイナップルには美容効果がたくさんなんです

パイナップルを料理にも活用!

毎日100g食べるだけで、美肌・快便に効果があるなら、食べたい! でもパイナップルって生か、ジュースやヨーグルトに合わせるなど、デザート的な食べ方しか知らない…。ということで、管理栄養士・調理師の二宮真樹先生にパイナップルを使った美味しいレシピを教えてもらいました。

パイナップルとアボカドのワカモレ

アボカドに含まれるオレイン酸が胃腸のぜんどう運動を促し、さらに便秘予防に効果的な一品。

<材料>
アボカド1個、パイナップル100g、赤玉ねぎ50g、青唐辛子少々、パクチー5g、すりおろしにんにく3g、塩小さじ1/2、レモン10g、

<作り方>
(1)アボカドは皮を剥き、種を取って適当な大きさに切っておく。パイナップルと赤玉ねぎは、さいの目切り、青唐辛子はみじん切りにする。
(2)ボウルにアボカドを入れ、フォークで潰しながら、すべての材料を混ぜ合わせる。

パイナップルと牛肉の生春巻き

牛肉には脂質の代謝を高め、ダイエットにも効果的なビタミンB2やカルニチンが豊富!

<材料/4本分>
薄切り牛肉100g、パイナップル30g、にんじん25g(1/8本)、白ネギ20g、焼き肉のたれ45g、ごま油大1/2、サラダ菜4枚、ライスペーパー4枚

<作り方>
(1)牛肉は幅3cmに切る。パイナップルはいちょう切り、にんじんは細切りにする。白ネギは縦半分に切り、さらに斜め薄切りにする。
(2)牛肉、パイナップル、たれを合わせて10分ほど置いておく。
(3)フライパンにごま油を入れて、中火で(2)の牛肉のみほぐしながら炒める。続いてにんじん、白ネギをを炒め、火が通ったら最後にパイナップルを合わせる。
(4)ライスぺーパーの両面に霧吹きで水を吹き、広げてサラダ菜と(3)をのせる。手前からライスペーパーの端をかぶせ、左右を内側に折り、しっかり巻き込む。
(5)食べやすい大きさに切って器に盛る。

生のパイナップルを合わせると肉や魚などのタンパク質の分解を高め、消化吸収を高めます。栄養の吸収がよくなった結果、健康的になれます。胃腸が弱くて、冷たいものが苦手な方にもおすすめ。
厚生労働省の発表によると、年々低下している日本人のフルーツ摂取量。パイナップルを食事に取り入れて、フルーツ摂取量を増やしましょう!

「バナナ・パイン研究所」の公式サイトはこちら!
https://www.banana-pine-lab.org/

暮らしのヒント/ヘルス&ビューティ 最新の記事

ヘルス&ビューティをもっと見る

Writer Profile

津島千佳

ライター

Tica Tsushima

1981年香川県生まれ。主にファッションやライフスタイル、インタビュー分野で活動中。夫婦揃って8月1日生まれ。‘15年生まれの息子は空気を読まず8月2日に誕生。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン