映画ライター折田千鶴子のカルチャーナビアネックス

映画でもっと世界を知ろう!各国の“らしさ満載”の佳作が年末年始に勢揃い!<年末篇>

映画で楽しむ世界各国の暮らしぶり 

映画を観る楽しみって、もちろん“感情を動かしてくれる物語”が最大のポイントではありますが、その舞台や背景となる国や都市の風景や、そこで生きる人々の生活を味わえるのも、すごく大きな魅力ですよね。

行ったことのない場所を知る新鮮な歓び、また逆に訪れたことのある場所を映画で再見し、思い出や楽しさが懐かしく蘇ってきたり。日本に暮らす私たちからすると、“なぜ?”と思うような価値観に出会うこともあれば、思わず膝を打つような発見があることも。あるいは、たとえ国や文化や宗教が違っても、共通する感情に深い共感を覚えたり。

既に公開中ですが、LEE読者の皆さんが大好きな世界観、絶対にウキウキしてしまうフィンランド映画『アンネリとオンネリのふゆ』も、もちろん北欧の魅力がたっぷりです!

🇫🇮『オンネリとアンネリのふゆ』
YEBISU GARDEN CINEMAほかにて公開中。全国順次ロードショー!
配給:アット エンタテインメント
© Zodiak Finland Oy 2015. All rights reserved.
公式 HP www.onnelianneli.com

詳しくは、コチラの頁 →https://lee.hpplus.jp/column/1254386/で紹介されていますので、ご一読を! ほら、もう、このビジュアルが1点あるだけで、女子たるもの、気分がアガりますよね。

さて不思議なくらいにこの年末年始は、世界各国の秀作・佳作が目白押しです。LEE本誌1月号では、『アリー スター誕生』と『アイ・フィール・プリティ』と、2作ともアメリカ映画をご紹介しましたが、最後まで悩みに悩んだ作品がかなりありました!

まずはインド映画の『パッドマン 5億人の女性を救った男』、そしてイスラエル/ドイツ映画の『彼が愛したケーキ職人』です。2作とも、とにかくもう、すっばらしいので、年末の忙しい中でもどうにか時間を捻出して、ご覧いただきたい作品です。

妻を思う男の起こした奇跡に感動必至!🇮🇳『パッドマン』

2018年/インド映画/2時間17分 公式HP:padman.jp
監督・脚本:R.バールキ
出演:アクシャイ・クマール/ソーナム・カプール/ラーディカー・アープテー
12月7日(金)TOHOシネマズ シャンテ他 全国公開

その国“らしさ”度   ★★★★★
カルチャーショック度 ★★★★★
笑い&感動      ★★★★★

<こんな映画>

舞台は現代(93年~の約20年)、北インドの小さな町。新婚ほやほやの主人公ラクシュミは、結婚して初めて衝撃の事実を知る。市販の生理用ナプキンは高価すぎて、庶民はみな不衛生な布を使っている、ということを。病にかかる人もいると聞いたラクシュミは、妻が心配でたまらない。遂にラクシュミは妻のために手製のナプキンを作り始めるが――。

<見どころ>

何と実話というから、色んな意味で驚きです! もちろん妻を思うひたむきさ、愛と思い付きから貧しくて学のない彼(でも生来の発明力や地頭の良さはハンパない)がナプキン開発を始め、遂に低コストで大量生産できる機械を発明するに至るのです。その経過も、大いに驚きとワクワク、さらに感動の連続です。

でもその前に、生理期間中は“穢れ”として女性は部屋に入れないとか、男性が“生理”と口にするだけで変態のレッテルを貼られる、なんてインドの状況に、お口アングリなほど驚いてしまうわけです! 激しいカルチャー・ショック!!

つまり、ナプキンを作ろうとする主人公の前には、障壁だらけ。家族さえも“恥ずかしい”と彼を追い出し、妻にも見限られ、それでもラクシュミは諦めず、研究し発明に突き進んでいくのです。後半、彼のほのかな恋が差し込まれるのですが、それがまた切なくて胸キュン必至です! 夫婦愛の物語としても、ほのかな恋物語としても、男の奮闘記としても、あるいは経済的な見地からしても目から鱗が落ちる、味わいどころ、見どころ満載の作品です!

 

同じ男を愛した、男女が紡ぐ物語 🇮🇱🇩🇪『彼が愛したケーキ職人』

2017年/イスラエル・ドイツ映画/1時間49分 公式HP:cakemaker.espace-sarou.com
配給:エスパース・サロウ   © All rights reserved to Laila Films Ltd.2017
監督・脚本:オフィル・ラウル・グレイツァ
出演:ティム・カルクオフ、サラ・アドラー、ロイ・ミラー
12月1日(土)YEBISU GARDEN CINEMAほか全国順次公開

その国“らしさ”度   ★★★★
カルチャーショック度 ★★★★★
繊細な心の機微    ★★★★★

<こんな映画>

イスラエル出身の監督、キャストもほぼ無名ながら、世界各国の映画祭で数々の賞を受賞し、感動を世界にじわじわ広げている感動作です。ベルリンのカフェで働くケーキ職人のトーマスが、イスラエルに妻子があるビジネスマンのオーレンと恋に落ちます。オーレンのドイツ出張中は共に過ごし、愛し合うようになりますが、ある時、約束の日を過ぎてもオーレンが戻って来ません。待ち続け、待ち焦がれたトーマスは、彼が故郷のエルサレムで事故死していたことを知るのです。

<見どころ>

優しくささやかな幸福に満ちた冒頭から一転、いきなり訪れるオーレンの死――。でも物語の本筋は、ここから始まります。エルサレムで突然、幼い息子を女手一人で育てることになった妻アナトが、ショックを押しやってカフェを再開します。そこへ現れたのが、ドイツ人観光客のトーマス。彼は正体を隠し、アナトの店で働き始めます。そうして愛した亡き男の記憶を間に、妻と愛人が向き合うわけです。

妻はどこまで気付いているのか。これから何が起こるのか。そんなサスペンスフルな空気は次第に和らぎ、同じ喪失感や悲しみを持つ者同士だけが感知し得るからなのか、互いを労わるような、そっと支え合うような、心を通わせていく過程が非常に繊細に描き出されます。そこに立ちはだかるのが、敬虔なユダヤ教徒であるオーレンの兄や、戒律の厳しい宗教観です。“うわ、そんなコトがダメなの!?”という驚きや衝撃もたくさんあります! でも、美味なるケーキを通して変容していく2人の心の変遷や関係性が、非常に繊細に映し出され、最後まで心がギュウと掴まれます。深い深い余韻が残る逸品です!

 

自由過ぎる巨匠のユニークさに感嘆! 🇬🇪『葡萄畑に帰ろう』

2017年/ジョージア(グルジア)映画/1時間39分/配給:クレストインターナショナル、ムヴィオラ
監督:エルダル・シェンゲラヤ
出演:ニカ・タヴァゼ、ニネリ・チャンクヴェタゼ、ナタリア・ジュゲリ、ズカ・ダルジャニア
12/15(土)より 岩波ホール他全国順次ロードショー

その国“らしさ”度   ★★★★
カルチャーショック度 ★★★
ユニークさ      ★★★★★

<こんな映画&見どころ>

みなさんはジョージアという国をご存知ですか? 映画好きな方は、『素敵な歌と舟はゆく』『月曜日に乾杯!』などのオタール・イオセリアーニ監督を思い浮かべるかもしれません。私も大~好きな監督の一人ですが、彼同様“何ものにも囚われない自由な空気”を纏っているのが、大巨匠・最長老85歳のエルダル・シェンゲラヤ監督による本作です。

実際、政界に身を置いていたことのある監督が、官僚社会・権力社会を痛烈に皮肉っている風刺コメディです。官僚の椅子にふんぞり返っていた主人公が、本来大切にすべきものに立ち返っていく――という過程が……え、こんなにも自由でいいの?と驚くくらい、予想外というか、笑っちゃうというか。巨匠だからこそなし得る、何ものをも恐れない大胆な展開に、これぞ、映画!とウキウキしてくるはずです。

 

 

老人の深い思い、その真意にしみじみ感動! 🇪🇸🇦🇷『家へ帰ろう』

2017年/スペイン・アルゼンチン映画/1時間33分/配給:彩プロ
監督:パブロ・ソラルス
出演:ミゲル・アンヘル・ソラ、アンヘラ・モリーナ、オルガ・ボラズゴーシャ
© 2016 HERNÁNDEZ y FERNÁNDEZ Producciones cinematograficas S.L., TORNASOL FILMS, S.A RESCATE PRODUCCIONES A.I.E., ZAMPA AUDIOVISUAL, S.L., HADDOCK FILMS, PATAGONIK FILM GROUP S.A
12月22日よりシネスイッチ銀座ほか全国順次公開

その国“らしさ”度   ★★★★
カルチャーショック度 ★★★
しみじみ心に染みる度 ★★★★★

<こんな映画&見どころ>

ブエノスアイレスに暮らす88歳のお爺ちゃん、仕立て屋のアブラムが、自分を高齢者施設に入れようとする子供たちの目を盗み、長年の願いであった旅に出ます。向かう先はポーランド。

マドリッド、パリを経由してポーランドへ。果たして何を目的としているのか――それが、道々少しずつ分かって来るのですが、そこには驚くべき衝撃の過去があり、彼の深い深いが段々とジワジワ胸に迫って来ます。何十年も忘れることのなかった老人の思いに、最後はもう、涙、涙です! 道中で出会い、手を差し伸べてくれる人々――マドリッドのホテルの女主人や、飛行機で乗り合わせた青年、ポーランドの看護師などとのエピソードも、胸に染みます! 南米からヨーロッパへ。各々の国に漂う空気の変遷も非常に興味深いものがあります。今年最後の心ホクホク映画として、是非ともおススメしたい佳作です!

 

異色のラブストーリー 🇮🇹『シシリアン・ゴースト・ストーリー』

2017年/イタリア・フランス・スイス映画/2時間3分/配給:ミモザフィルムズ
公式HP http://sicilian-movie.com/
監督:アントニオ・ピアッツァ
出演:ユリア・イェドリコブスカ、ガエターノ・フェルナンデス、ビンチェンツォ・アマート
12月22日より新宿シネマカリテほか全国順次公開

その国“らしさ”度     ★★★
胸をムギュウやるせなさ度 ★★★★
映像の美しさ、神秘性   ★★★★

<こんな映画&見どころ>

元ネタは、93年にイタリア・シチリア島で起きた13歳の少年誘拐事件です。舞台は、美しい自然に囲まれたシチリアの小さな村。“父親の事情”で、村の人々からやんわり敵視されている家の少年ジョゼッペに、13歳の少女ルナは思いを寄せています。2人が心を通わせかけた矢先、ジョゼッペが行方不明に。周囲の大人は口を閉ざしますが、ルナは必死にジョゼッペの行方を捜し始めるのですが。

シチリアと聞くと、頭の奥の方で“シチリアン・マフィア”という文字がチラついたりする方も少なくないと思いますが、なるほど、こんなのどかな村でもマフィアの影はチラ付き、人々はそれを見て見ぬフリして生きているのだな、とどこか納得したり。ところが本作、誘拐事件を扱いながら、サスペンスやミステリーではなく、“少年少女の、この年代特有の無垢で真っ直ぐな想いの強さ”を神秘的に強烈に刻印したところが、本作のユニークさであり、素晴らしさなのだと思います。こういう展開になるのか……と驚き慄きつつ、妙に惹かれずにいられない、そんな作品です。

ちなみにジョゼッペ役のガエターノ・フェルナンデス君の水も滴る美貌にも、もちろん目が釘付けになるハズです!

 

タイに彷徨いこんだ英国人ボクサー 🇹🇭『暁に祈れ』

2017年/フランス・イギリス・カンボジア映画/1時間57分/配給:トランスフォーマー
© 2017 – Meridian Entertainment – Senorita Films SAS
公式サイト:http://www.transformer.co.jp
監督・脚本:ジャン=ステファーヌ・ソヴェール
出演:ジョー・コール、ソムラック・カムシンほか
12月8日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町、シネマート新宿ほか全国順次公開

その国(タイ)’“らしさ”度    ★★★★
ヒリヒリ度         ★★★★
放出されるエネルギー    ★★★★

<こんな映画&見どころ>

なんと英国人ボクサー、ビリー・ムーアの自伝小説の映画化、つまり実話です。タイでドラッグ中毒になったビリーが、逮捕されて刑務所に送られます。そこは想像に難くなく、汚職、殺人、強姦が公然と行われている劣悪な刑務所でした。まさに“パリのアメリカ人ならぬ、タイのイギリス人”の彼は、ボクサーといえど命の危険を感じます。そこでムエイタイ・チームの門をたたき、ダメな自分と決別し、生きる希望を見出していこうとするのですが。

どの国の刑務所も地獄でしょうが、刑務所内のガヤガヤ混沌具合がまさに“タイ!”という感じです。白人とも黒人ともまた違う、独特の怖さが漂っています。女性はつい敬遠したくなる世界観かもしれませんが、地獄の中で一人の白人が生き残らんと、命がけで“生きる拠り所”を掴まんとする姿は、どこか清涼感を覚えるほどで、ガツンと目を醒ましてくれるエネルギーに溢れています。一年の締めくくりとして自分に渇を入れたい方、生半可な感動に飽き足りない方には、ぜひお勧めしたい意欲作です。

 

 

不思議な空気が映像美に溶け込んだ 🇭🇰『宵闇真珠』

2018年/香港・マレーシア・日本映画/1時間37分/配給:配給:キノフィルムズ   (C)Pica Pica Media
監督・撮影:クリストファー・ドイル 共同監督:ジェニー・シュン
出演:アンジェラ・ユン、オダギリジョー
公式HP:yoiyami-shinju.com  公式Twitter:@yoiyami_shinju
2018年12月15日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開!!

その国“らしさ”度 ★★★★
心くすぐられ度  ★★★★
寓話度      ★★★

<こんな映画&見どころ>

見どころはズバリ、『恋する惑星』『花様年華』『HERO』など、世界中に熱狂的なファンを持つカメラマン、撮影監督クリストファー・ドイルの監督作ということです。ドイルのファンはもうそれだけで、絶対の必見作になりますよね。既に監督としても何作か経験のあるドイルですが、本作では映像美に溺れすぎず、でもやっぱり詩的な空間、空気感、映像が魅力の映画でした。

舞台は、香港最後の漁村・小さな珠明村です。ある時、幽霊が出ると噂されるこの村の丘の上の廃屋に、謎の男が住み着きます。奇病で陽に当たることができない16歳の少女は、彼と知り合い、ほのかに惹かれ合うのですが……。

謎の男を演じるのは、以前よりドイルと付き合いのあったオダギリジョーさんです。水路が迷路のように入り組んだ村の様子、漁村の暮らし、水上家屋など、独特の生活風景も味わい深いです。ノスタルジーとポエジーが宿ったような映像は、観て損のない味わいです。

 

世界各国、本当にお国柄ってあるもんだなぁ、としみじみ。

<年始編>もお楽しみにしていただけたら嬉しいです!

 

暮らしのヒント/ひとり時間 最新の記事

ひとり時間をもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

go to top