峰典子

横山だいすけさんインタビュー「映画は子どもを世界に連れて行ってくれるんです」

日本最大級の子ども映画祭「キネコ国際映画祭」のスペシャルサポーターに選ばれた横山だいすけさん。昨年に引き続き「ライブシネマ」で生吹き替えに挑戦します。イベントが待ち遠しいという横山さんに、幼い頃の映画にまつわる想い出や、映画祭への意気込みについてお聞きしました。

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

キネコ国際映画祭とは・・・
今年で26回目を迎える、日本最大級の子ども映画祭。世界各国から集められた良質な作品を上演する。特に人気のコンテンツが、俳優や声優が生で吹き替えをする「ライブシネマ」。今回の映画祭では、台詞のある外国作品の全てでライブシネマを楽しむことができる。→詳しくはこちらの記事

写真/細谷悠美 スタイリング/竹井 温(&’s management)

 家族で楽しむ映画の時間が、今の僕をつくったんです

「両親だけでなく親戚含め、家族みんなが映画好き。連れ立って映画館にいくこともあれば、レンタルしてきて家で見ることもありましたね。歌ってすごいな、面白いな。とはじめて思ったのも、実は映画の影響なんです。3,4歳くらいの時だったかな、家族が借りてきた「青きドナウ」を観ました。ウィーン少年合唱団の作品なんですが、その中で合唱している子どもたちの姿を見て、歌への興味を持ったんです」

「幼いころに観たものといえば、ドラえもんとかベートーベン、ゴジラにネバーエンディング・ストーリー。今、振り返ってみると、ジャンルや自分の好みと言うよりは、親がこれはどう?  と勧めたものを一緒に観ていたと思います。映画の魅力って、いろんな世界に連れて行ってくれるところ。キネコ国際映画祭は、たった1日でいろいろな作品を同時に見れるところがすごいですよね!」

※青きドナウ(1963公開)   ウォルト・ディズニーが、ウィーンで聞いたウィーン少年合唱団の歌声に惚れ込み制作した作品。少年合唱団の生活と勉強をドキュメンタリータッチで描き、主演のほかは本物のウィーン少年合唱団が出演している。

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

峰典子

ライター/コピーライター

Noriko Mine

1984年、神奈川県生まれ。映画や音楽レビュー、企業WEBサイト、広報誌などを手がける。子どもとの休日は、書店か映画館のインドアコースが定番。フードユニットrakkoとしても活動中。3歳年上の夫、4歳の息子との3人家族。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン