大切な我が子の七五三!当日持参して良かったもの&工夫をご紹介

我が家では、昨年11月の後半に、長男5歳・長女2歳で七五三のお祝いをしました。
私たち家族にとっては「初めての七五三」。
予約先からいただいた準備リストなどを参考に基本的な準備はしていたものの、いざ当日が近づいてくると、「実際、何を持っていけばいいの?」と不安になり、準備にも時間がかかってしまいました(そして当日、バタバタしてなんとビデオカメラを忘れてしまいました…)。

これから七五三をされる方は、寒さも厳しくなってくる時期で、その対策も必要です。
今回は、当日のちょっとした工夫を含め、我が家が持参して良かったものをご紹介したいと思います!

我が家が七五三のお詣りに選ばせていただいたのは、自宅からタクシーで15分ほどの場所。全国的に有名なお祭りが行われるなど伝統もあり、また、休みの日や幼稚園の行事で敷地内の公園に行くなど、子どもたちにとって馴染みがあるところでした。そして一番の決め手となったのは、併設の会館1ヶ所で、着付け・写真撮影・お詣り後の会食まで全てでき、子どもたちの負担が少ないと感じたこと。
準備を進めるうちに遠方から祖父母も来てくれることとなり、当日はお天気にも恵まれ、とても想い出深い1日となりました。

持参して良かったもの【身に着けるもの編】

◆ダウンベストとストール

これからの時期の七五三は、寒さ対策も大切!
ただ、普段着ている上着を着物の上から着せるようとすると袖のあたりが入りづらく、かなり大きめのサイズでないと難しいと思います。我が家は、アウターではなく、たまたま兄妹2人とも持っていたダウンベストと、私のストールを持っていきました。ダウンベストがない場合は、着物の上から羽織ることができるブランケットなどがオススメです。

こんなかんじで防寒。

小さな子連れでの七五三は、車やタクシーなどで移動し「本人たちが屋外を歩くのは参拝の時だけ」という方も多いのではないでしょうか。その時だけベストやストールなどを巻いてあげれば、上着がなくても、きちんと防寒することができると思います。外で写真撮影やお詣りを待つ時などは親も冷えるので、かさばらず色々使えて便利なストールは、数枚持っておいても良いと感じました。

◆保温性の高い下着&スパッツ

特に小さいうちは、女の子もスパッツやズボンスタイルに慣れているお子さんが多いと思います。着物の場合、女の子は結構下半身や足元が冷えてしまうので、着付けご担当の方に確認した上で、着物の下に着せました。色はやはり白、トップスは体にぴったりして、襟ぐりが大きいものがオススメです。
ちなみに息子の分も持っていきましたが、男の子は袴を履くため逆にお手洗いがしづらくなると言われ、スパッツはやめました。

◆履きなれた靴と靴下


お詣りの場所にもよりますが、大きな神社だと長い距離を歩くこともあります。記念写真が終わってすぐに靴と靴下に履き替えさせたので、本人たちは祖父母と手を繋ぎながら楽しそうに歩くことができました。

メール募集

「暮らしのヒント」では、LEEで活躍中のライターが、
日々の暮らしに役立つ記事をお届け中。
「○○さんの××の記事がよかった!」などご意見、ご感想や「こんなことで悩んでます」「あのことが知りたい!」など、読みたいテーマのリクエストも大歓迎です!

メールを送る

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

佐々木はる菜

ライター

Halna Sasaki

1983年東京都生まれ。結婚・出産を機にWebライターを始め、国内外のトレンドやニュース、子育て情報などを執筆。女性のキャリア・働き方についての情報発信も目指す。京都人の夫、甘えんぼ5歳息子&強気な2歳娘の4人家族

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン