津島千佳

#洗濯ブラザーズが教える!「お気に入りニットをだめにしない」!正しい洗濯方法

ニットの恋しい季節がやってきました。ニットは好きですが、困るのが洗濯! 何も考えずに洗濯機で洗うと縮むし、頻繁にクリーニングに出すのも不経済だし…。
そこでファッションブランド「エス エッセンシャルズ」が主催する横浜のクリーニング店「リブレヨコハマ」の洗濯ワークショップで、ニットやおしゃれ着の正しい洗い方を教わってきました。

話題のクリーニング店「リブレヨコハマ」とは?

「リブレヨコハマ」はシルク・ドゥ・ソレイユや劇団四季の舞台衣装、ポール・マッカトニーやブルーノ・マーズといったトップアーティストのライブ衣装のクリーニングを担当。複雑なパターンと繊細な生地からなる衣装から、生地を傷めないように汗やにおい、ファンデーションといった強力な汚れを落とし続けています。

#洗濯ブラザーズとして、正しい洗濯方法の普及活動している3名。

また、一般の方とお話をするなかで「正しい洗濯ができている人はごくわずか」という気付きがあったとのこと。そこでクリーニング店の目線から、最上の洗濯の方法を啓発する活動を行っています。

洗濯は水を見極めるところから始まっている!

軟水は衣類への水の浸透性が高く洗濯に向きますが、硬水は浸透性が低く、硬水の地域が多いヨーロッパではドラム式洗濯機でたたき洗いをするのが一般的。軟水の日本では水流で洗浄する縦型洗濯機の方が適しています。

水質の違いは洗剤にも現れており、日本の洗剤は洗浄力を重視する一方で、ヨーロッパの洗濯用洗剤は洗浄力よりも香りに重点を置いています。ヨーロッパの洗剤を使った時、洗浄力が物足りないと感じたことがあったのは、そこだったのか!

衣類に合わせて洗剤も使い分けを

水質を見極めたら、素材に合わせた洗剤選びを。日本の軟水の性質を知る「リブレヨコハマ」では、オリジナル洗剤の「リブレヨコハマ ランドリーディタージェント」を開発しています。

コットンや麻、ハイテク系合成繊維には、幅広い汚れに対応する弱アルカリ性を。

リブレヨコハマ ランドリーディタージェント各¥2,200

シルクやウール、カシミヤ、アンゴラは、髪の毛と同様キューティクルで覆われています。おしゃれ着には繊維に膜を張りながら汚れを落とす中性洗剤が◎。

リブレヨコハマ ランドリーディタージェント シルク&ウール¥4,000

暮らしのヒント/家事 最新の記事

家事をもっと見る

Writer Profile

津島千佳

ライター

Tica Tsushima

1981年香川県生まれ。主にファッションやライフスタイル、インタビュー分野で活動中。夫婦揃って8月1日生まれ。‘15年生まれの息子は空気を読まず8月2日に誕生。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン