津島千佳

脱・パンプス難民! 痛くならないパンプス選びのコツ

スニーカーのような履き心地のパンプス『sugata』

ただ、小さい子どもがいるとゆっくりとフィッティングするのもままなりません。そこでおすすめしたいのが、パンプスブランドの『sugata(スガタ)』。健康的な歩き方を指導するフィットネスウォーキングインストラクターの資格を持つ女性が企画・開発に携わったスニーカーのような履き心地のパンプスが揃います。

パンプス悩みを共有できる女性が手がけているだけあって、安定した歩きを実現するポイントがこんなに!

(1)凹凸を作り、滑りにくさと安定感を実現したソール

フラットなソールは滑りやすいもの。凹凸を作り、滑りにくい設計に。すり減りにくいゴムを採用しており、長く愛用できるのもポイント。

(2)低反発のクッションを使ったソール

柔らかさの異なるクッションを重ね、足裏への負担を感じにくい仕様。体重を足裏全体で支え、前滑りしにくくなっています。

(3)ソールがしっかりと反る

つま先側には中底を入れず、パンプス自体がしなやかに屈曲。足の動きに靴がついてくるので、かかと抜けしにくくなります。

(4)クッションを入れたかかと部分

クッションがあることでかかと抜けしにくく、靴ずれにもなりにくいのがうれしい!

これだけだといわゆるコンフォートシューズのようですが、肝心のデザインも◎。お仕事で使えるプレーンなタイプから、ファッション性の高いものまで幅広いラインナップです。

7cmのパンプスを履いてみると、スニーカーのように安定して歩け、全然足が痛くなりませんでした。これなら久しぶりのパンプスでも快適にすごせるかも。
どんなパンプスでも足が痛くなるという方は『sugata』をチェックしてください。

お話をうかがったのは、箕川真紀さん

シューズメーカー『ムーンスター』でPRを務める。2歳の女の子を子育て中。

sugataのサイトはこちら!
https://www.moonstar.co.jp/sugata/

暮らしのヒント/ヘルス&ビューティ 最新の記事

ヘルス&ビューティをもっと見る

Writer Profile

津島千佳

ライター

Tica Tsushima

1981年香川県生まれ。主にファッションやライフスタイル、インタビュー分野で活動中。夫婦揃って8月1日生まれ。‘15年生まれの息子は空気を読まず8月2日に誕生。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン