津島千佳

脱・パンプス難民! 痛くならないパンプス選びのコツ

先日、数年ぶりにパンプスを履いたら、足裏が痛い、靴ずれができただけでなく、内くるぶしに謎の傷ができました。妊娠・出産前からスニーカー派とはいえ、ここまでパンプスが合わないとは…。

でもたまにはパンプスを合わせたスタイリングをしたいし、今後は子どもの学校行事などでパンプスを履くことが求められる場面も出てくるはず。パンプス難民の私に合うものはあるのか、シューズメーカー『ムーンスター』でPRをされている箕川さんに、パンプス選びのコツをうかがいました。

合わないパンプスはかっこ悪い歩き方の原因に!

そのパンプスがあなたに合っているのか、下記チェックリストから判断しましょう。

  • 靴ずれができている(サイズが合っていないため起こる)
  • ヒールのトップリフトが斜めにすり減っている(歩行が安定せず、パンプスで歩いた時にヒールがブレると起こる)
  • 足裏の足指のつけねあたりにタコができている(1点に重心がかかっているために起こる)
  • 外反母趾になっている(パンプスを履いた時に足が前滑りしているために起こる)
  • ハンマートゥ(足指の関節がハンマーのように曲がった状態)になっている(外反母趾よりも進行している状態)

「サイズが大きいと足が前にすべり、骨が柔らかい女性は外反母趾になりやすくなります。反対に小さいと靴ずれを起こします。一つでも当てはまるものがあれば、そのパンプスは合っていない証拠。合っていないパンプスは歩き方にも影響し、だらしない姿勢にも直結します」(箕川さん)

パンプスを購入する際は、しっかりフィッティングすることが重要。
「サイズだけだと足に合うものは見つけられません。足幅もご自身に合うものを吟味して選びましょう。そのためには椅子に座った状態で片足だけ試してみるのではなく、両足とも履いて店内を歩いてフィット具合を確かめてください」(箕川さん)

パンプスをねじって確認!?

では、パンプスのどんな部分に注目して選ぶのがいいでしょうか?

(1)ヒールが安定しているもの

「ピンヒールよりも太いチャンキーヒールの方が安定感は増します。ヒール高は3〜5cmが疲れにくいとされていますが、TPOやお好みで判断してください」(箕川さん)

(2)シャンクがしっかりしたもの

「シャンクと呼ばれる土踏まずの部分がしっかりしていないと、ヒールがねじれたような歩き方になります。パンプスを試す際に、雑巾を絞るようにパンプスをねじってみてください。あまりねじれないものがおすすめです」(箕川さん)

(3)足指のつけねが動かしやすいもの
「捨て寸と呼ばれる靴の先端に余裕のあるパンプスなら足指が動かしやすいはず。足指が曲げられないものは、足が痛くなる可能性が高いので避けてください」(箕川さん)

(4)くるぶしがパンプスにぶつからないもの
「パンプスよりもブーティなどで起こりやすい現象ですが、くるぶしにぶつかると靴ずれの原因になります」(箕川さん)

(5)履き口に指が1本入るもの

「ぴったりしすぎるのも痛みにつながります。指1本入るほどの適度なフィット感があるものを選びましょう」(箕川さん)

これらをチェックすれば自身の足に理想的な一足が見つかる可能性が高いとのこと。それでも合うパンプスが見つからないなら、クッション性のあるインソールをプラスしてカスタマイズするのも手です。

暮らしのヒント/ヘルス&ビューティ 最新の記事

ヘルス&ビューティをもっと見る

Writer Profile

津島千佳

ライター

Tica Tsushima

1981年香川県生まれ。主にファッションやライフスタイル、インタビュー分野で活動中。夫婦揃って8月1日生まれ。‘15年生まれの息子は空気を読まず8月2日に誕生。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン