飯田りえ

告知後すぐ満席に!大人気のお悩み相談室 【ママカフェ】に潜入

こんにちは。ライターの飯田りえです。
前回、『子どもの自己肯定感を引き上げる10の魔法のことば』の著者である石田勝紀先生にインタビューをさせていただきました。(前回記事はこちら)その中で印象的だったのが、子どもとの関わりの中でママがいかに満たされているかが大切ということでした。

これまで教育者として多くの子どもや家族と関わり、母親の影響力の強さを痛感してこられた石田先生。子ども自らがぐんぐん伸びる子になるには、ママ自身が充実していて、子育てを楽しむことが一番! その為にはがんばりすぎてストレスフルなママを緩ませる ”場” が必要だな、と始められたのがこの【ママカフェ】なのです。今回、私も子育ての悩みを持つ親として一緒に参加させて頂きましたので、その様子をじっくりとレポートしたいと思います。

コンセプトはズバリ!ママたちをいかに緩ませるか

きっかけは2年前、石田先生がお悩み相談されている連載コラムのオフ会をしよう、ということから企画がスタート。最初は少人数でしたが、とにかく話が盛り上がり「次回はいつですか?」とその場でレビュラー化が決定したそうです。今では年間70回以上開催され、告知後5〜6分ですぐ満席になってしまうほどの人気イベントに。さらに今年の6月から『認定ファシリテーター』を育成し、全国各地でママカフェコミュニティをどんどん拡大しています。

コンセプトは「ママたちの心を緩ませること」。オシャレなカフェで美味しいスーツを食べながら、教育について、育児について日々の悩みを語り合うのです。双方向のコミュニケーションが取れるよう、最大でも15人まで。石田先生の教育者としてのプロの視点と、軽快で笑いの絶えないトークが人気で、毎月参加されるリピーターも多数いらっしゃるそうです。通常参加費は1,000円で、その収益の一部が寄付されるボランティア活動なのだとか。今回のリズラボキッチンで開催の場合は、パンケーキと飲み物付きなので参加費3000円ですが、それにしても良心的な価格ですよね。

ママカフェに来る→悩みを話して気付きを得てスッキリ→ママ自身の心がほぐれる→満たされて元気になる→家に帰って育児を楽しむ。この好循環が訪れると、子どもへのことばがけもプラスになり、子どもへも好影響! しかしこんなにうまくいくのでしょうか…。

百聞は一見に如かず。9月某日、表参道にある米粉パンケーキで有名な「リズラボキッチン」で開催されましたママカフェに、潜入してきました。

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

飯田りえ

ライター

Rie Iida

1978年、兵庫県生まれ。関西の女性誌&MOOK編集者を経て上京後、フリーランスに。雑誌・WEBなどで子育てや教育、女性の生き方、食、旅、街歩きなどのテーマを中心に編集執筆を手がける。休日は7歳&4歳の男児と夫の4人でアクティブに遊ぶ日々。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン