高見澤恵美

マクドナルドの募金箱でおなじみの「ドナルド・マクドナルド・ハウス」ってどんなところ?

マックのレジ横で見かける募金箱にお金を入れると、どこに寄付されるの? という疑問

個人的な話になりますが、4歳息子との2人飯でよくマクドナルドに行きます。

お目当てはもちろん、子どもの大好物、ハッピーセット。

幼児が好むおもちゃだけでなく、絵本や図鑑もオマケとして選べたりして、

親目線で見ても、非常に満足度の高いセットだなぁと思っています。

(幼児の頻繁な外食には賛否両論ありそうですが……子どもが機嫌よく食事してくれる場は、やはりありがたいものです!)

そんなマクドナルドのハッピーセット絡みで、今月末、興味深いイベントが行われるとの情報をキャッチしました。

10月28日(日)、全国のマクドナルド店舗にて実施される「マックハッピーデー」。

この日にハッピーセットを買うと、セットひとつにつき50円が「ドナルド・マクドナルド・ハウス」に募金されるそうなのです。

この「ドナルド・マクドナルド・ハウス」、マクドナルドのレジ横にある募金箱を見かけてはいるけれど、

実際どんなところかは分からない……という人、実は多いのではないでしょうか?

私自身は、2008年頃に女性誌のボランティア特集にて「ドナルド・マクドナルド・ハウス募金」の情報を少しだけ紹介したことがあったので、多少の知識はあったはず……なのですが、

当時は取材でハウスを訪れることもなく……。

歳月が流れ、さらに(お恥ずかしい話ですが)記憶が薄れつつあったため、子どもに募金箱を指差され「ママ、この箱、何?」と質問されても、うまく答えられずにいた……そんなときに、「マックハッピーデー」の情報と、「ドナルド・マクドナルド・ハウス東大」のメディア向け見学会開催のお知らせが。

これは行くしかない! と思い、足を運んできました。

(前置きが長くなりました……)

「ドナルド・マクドナルド・ハウス」とは一体どんなところ?

「ドナルド・マクドナルド・ハウス」とは、自宅から遠方の病院に入院している子どもと、その付き添いの家族が利用できる滞在施設。

コンセプトは“Home away from home”--わが家のようにくつろげる第二の家。

「ドナルド・マクドナルド・ハウス東大」の受付前にいるマクドナルドのドナルドくん。

ハウスの世界第一号、「フィラデルフィアハウス」は、1974年に誕生したそう。

アメリカンフットボール選手の愛娘が白血病にかかり、子どもの入院で家族が感じる困難に直面。

子どもの治療を遠方の病院で行う場合、家族は自宅と入院先との二重生活で、経済的な負担や精神的な苦痛に悩まされる……。

そんなとき、選手の呼びかけで、病院の近所にあるマクドナルドの店舗オーナーや、病院の医師、フットボールチームの協力を得て、募金活動が進められたといいます。

そしてフィラデルフィア新聞社主が提供してくれた家屋を改造。世界初の「ロナルド・マクドナルド・ハウス」が誕生しました!

ハウスの名前は、フィラデルフィアでマックシェイクの売り上げを寄付してくれたマクドナルドに敬意を表し、「ロナルド・マクドナルド・ハウス」と命名。

※ちなみに、日本では発音のしやすさから「ドナルド・マクドナルド・ハウス」と呼んでいますが、世界的には「ロナルド・マクドナルド・ハウス」と呼ばれているそうですよ。知らなかった……!

マクドナルドの募金のほかにも、たくさんの企業や個人の寄付、土地の提供、ボランティアの運営によって支えられ、現在では世界に350以上のハウスが建てられているそうです。

そして気になる日本のハウスですが、行政による土地の提供や、病院の建設費の提供、企業や個人の寄付などにより、現在12軒あるそう。

(※世界でもっともハウスが多いのは米国で182軒。12軒ある日本は世界で7番目に多いのだとか。上位と聞き、なんとなくうれしくなりました!)

「ドナルド・マクドナルド・ハウス」公式サイト

暮らしのヒント/社会貢献 最新の記事

社会貢献をもっと見る

Writer Profile

高見澤恵美

ライター

Emi Takamizawa

1978年埼玉県生まれ。女性誌を中心に女性の性質や人間関係の悩みに迫り、有名無名千人超を取材。個人的に気になるのは産後の健康状態。家族は夫と3歳の息子。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン