上紙夏花

「今日から君はロボットエンジニア!」iRobotルンバのプログラミング教室へ

プログラミングに興味津々!

 

2020年からは小学校でもプログラミング学習が必修科目になりますね。小学生の習い事ランキングにも上位に入るプログラミング教室。気になってはいても、具体的にどんなことをするのか、どのように役に立つのか……ということが親の私自身がわかっていません。

 

先日、アイロボットジャパン東京オフィスにて、『アイロボットSTEMでロボットエンジニアの入り口を体験しよう!』というプログラミング初心者向けのワークショップが開催されました。対象は小学1年生~3年生。講師はアイロボットの社員ボランティアの方々。この日はアイロボットの創設者で現CEOのコリン・アングルさんが特別講師として来られるとのことで、現在3年生の長男とワクワクして参加申し込みをしました。

 

iRobotのロゴ入りの白衣を着させてもらい、あっという間に気分はエンジニア!

 

 

大学生のときに探査ロボットを開発したコリン氏

コリン・アングルさんの登場に子どもたちは大喜びです。幼いころから身の回りの機械を修理したり、物の仕組みが書かれた本をたくさん読んだりするうちに、誰かの役に立つロボットを作りたいと思うようになったんだとか。そして、コリンさんは大学生のときに、地球外探査を目的とした『ジンギス(Genghis)』というロボットを作ったのです。我が家でも欠かせない存在のお掃除ロボット『ルンバ』をはじめ、床を拭き掃除してくれる『ブラーバ』や雨どいに詰まった枯れ葉をお掃除する『ルージ』(日本未発売)など、ヒット商品を次々と生み出しています。

 

コリンさんは新しいロボットを作るときには「どんな問題を解決しようか?」というところから、発想するといいます。この言葉が子どもたちの感性を刺激したようで、それぞれにどんなロボットを作ろうかと思いを巡らせていました。ちなみにコリンさんはいろんな国でワークショップをする中で、毎回「どんなロボットを作りたい?」と子どもたちに質問しているそうで、いちばん多い回答が「宿題をしてくれるロボット」だそうです。宿題に手を焼くのは世界共通のようですね(笑)。

 

 

ロボットと人の違いを考てみよう

次に、ロボットと人はどのような違いがあるのかを考えます。「ロボットは疲れないよ」とか「泣かない」などと子どもたちは口々に話します。決定的な違いは「プログラム(指示)がないと動けない」ということです。自分で考えて動くことができないから、どんな風に動いてほしいのかを人が考えてプログラミングをすることが必要ですね。
ここまで来ると、子どもたちは〝プログラミング〟というものがいったいどんなものなのかイメージできるようになっているようでした。

 

いよいよプログラミングに挑戦!

Create 2の天板には穴をあけてもいい場所、物を乗せる場所のガイドが示されています。

 

ここで使うのは、お掃除をしないルンバ『iRobot Create 2』です。これはルンバ600シリーズをベースに研究・教育・趣味向けに開発されたロボット。プログラミングには『Scrach』というフリーソフトを使います。

 

見比べてみると左の方には、ブラシなどお掃除の機能がありませんね。

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

上紙夏花

ライター

Natsuka Uegami

1977年大阪府生まれ。吉本新喜劇の女優を経て、ライターに。現在は化粧品の商品開発やPRを手掛けるほか、ベビーマッサージ講師としても活動している。夫・息子6歳&1歳。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン