松崎のり子

秋旅行は「ふっこう割」で被災地支援

2018年は全国で大きな災害が頻発しました。とくに、7月の西日本豪雨と9月北海道胆振東部地震の印象は強く、観光業へも大きなダメージとなっています。そこで、多くの観光客に現地へ足を運んでもらおうと、国は「ふっこう割」の名称で観光支援制度をスタートしました。

申請が必要な「13府県ふっこう周遊割」

まずは、豪雨被害の西日本を訪れる観光客を対象とした「13府県復興周遊割り」です。

対象地域は、兵庫県、岐阜県、京都府(京都市除く)、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、愛媛県、高知県、福岡県、香川県と徳島県。この13府県のうち、2泊以上連続して宿泊した場合、1名1泊あたり最大6000円の補助を受けられるというもの(岡山、広島、愛媛は1名1泊につき最大6000円、その他10府県は1名1泊につき最大4000円)。観光客として訪れる場合は、主に次の方法で利用ができます。

①すでに割引された企画旅行に申し込む(旅行会社が「13府県ふっこう周遊割(豪雨復興キャンペーン)」の対象商品を販売、それに申し込む)。
②宿泊したあと、利用者が自分で補助金を申請する(自分で宿を予約した場合。宿泊した各府県へ、宿泊証明書や申請書類などの提出が必要)
③県が指定した宿泊施設に割引済料金で宿泊する(各府県が指定する「指定宿泊施設」のみが対象で、旅行者はその場で割引された宿泊料金を宿泊施設に支払う。実施のない府県もあり)

連続した2泊、というのがポイントで、1泊目に徳島、2泊目が大阪、3泊目が兵庫だと、二泊目の大阪は対象外のため、連続した2泊にならず対象外になります。また、自分で申請する場合は、出発前にまず各府県の各府県の申請書類一式をダウンロードし、プリントアウトを。そのうちの「宿泊証明書」に宿泊した宿に捺印をもらい、その後、領収書や他の必要書類を添えて事務局に郵送すると、支援金が振り込まれます(詳しくはこちらへ)。

「13府県ふっこう周遊割」は11月30日までの宿泊が対象ですが、支援の予算額に達すると早目に打ち切られることもあります。

暮らしのヒント/マネー 最新の記事

マネーをもっと見る

Writer Profile

松崎のり子

消費経済ジャーナリスト

Noriko Matsuzaki

消費経済ジャーナリスト。雑誌編集者として20年以上、貯まる家計・貯まらない家計を取材した経験から、貯蓄や節約のアドバイスを行う。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン