佐々木はる菜

話題の「KURADASHI.jp」をお試し!“おトクなお買い物”で社会貢献を

まだ食べられる食べ物が大量に捨てられている、いわゆる「食品ロス」問題。
今回は、“おトクなお買い物”を通してこの問題に向き合う「社会貢献型ショッピングサイトKURADASHI.jp」について、私自身がサービスを利用した体験談を交えてご紹介したいと思います。

私たちが捨てている食べ物の量は、毎日お茶碗約1杯分!

日本の「食品ロス」の量は、なんと年間約632万トン。日本人1人当たりに換算すると、毎日お茶碗約1杯分(約136g)のご飯の量を捨てていることになるそうです。
(出典:内閣府大臣官房政府広報室・政府広報オンライン

KURADASHI.jpはネット通販型のフードシェアリングサービスで、掲載されている商品は全て、同サイトの社会貢献活動に賛同した企業から集まったもの。例えば賞味期限内にも関わらず捨てられていたものや、中身に問題がなくてもラベルが破損しているものなど、これまでならば廃棄されていた“もったいない”商品を、お手頃な価格で買い物できるサイトです。
さらに特長的なのは、商品価格の一部が指定の社会活動団体に寄付されるという点。子どもの医療、動物愛護など内容は様々で、購入の際、自分の好きな寄付先を選択することもできます。またマイページで、自分自身がKURADASHI.jpでのお買い物を通してどれだけ支援をしたかデータとして確認することができるシステムも、好評を集めているそうです。

初めて利用した直後の、私のマイページ。

“社会貢献そのもの”が楽しければ、無理なく続けられる!

私が興味を持った理由は、まずはやはり「お得にお買い物ができる上、食品ロスを減らすだけでなく、他の社会貢献までできる」という魅力。そして「社会貢献」という行為を、“日常の中で無理なくできる”形にしてくれた、その仕組みづくり自体に感動したことでした。

「買い物」という行為は日常に直結しています。特に、食品や日用品の買い物は、私たちがほとんど毎日行うことだと思いますが、そこから地続きで「社会貢献」できるという仕組みは素晴らしいと感じます。世の中には解決しなければならない社会問題がたくさんあると気づいていても、子どもがいて、家事もして、仕事もあって…という日常の中で更に、“社会のため”に何か行動を起こし、それを続けて行くことは、正直大変だし躊躇してしまうこともあると思います。

そんな中で、気軽に参加することができ、続けること自体も楽しいKURADASHI.jpの“新しい社会貢献の形”は「できることから始めてみよう」というきっかけになるのではないでしょうか。

暮らしのヒント/社会貢献 最新の記事

社会貢献をもっと見る

Writer Profile

佐々木はる菜

ライター

Halna Sasaki

1983年東京都生まれ。結婚・出産を機にWebライターを始め、国内外のトレンドやニュース、子育て情報などを執筆。女性のキャリア・働き方についての情報発信も目指す。京都人の夫、甘えんぼ5歳息子&強気な2歳娘の4人家族

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン