川口ゆかり

子どもの冒険心を刺激するホテル『キーマラ』とは?

こんにちは。

ライター川口ゆかりです。

 

前回、8歳・5歳の子供たちと旅したアジアリゾートの魅力について

ご紹介しましたが、そのなかでも特に反響が大きかった

新リゾートホテル『Keemala(キーマラ)』について

レポートしたいと思います!どうぞお付き合いください。

 

ホテル『Keemala』とは?

子連れアジアリゾート旅、3回目となるプーケット(タイ)の後半に

ステイしたのは、プーケット国際空港から約40分。

島の岸沿いに広がる熱帯雨林のなかにそっと溶け込むように造られた

ホテル『Keemala(キーマラ)』

2015年9月に出来たばかりの比較的新しいホテルながら、

各ファッション誌で特集が組まれるほどの人気ぶり。

 

それもそのはず!

 

『キーマラ』は客室が少なく、独自の経営方針が秀逸であると認められた

ホテルに贈られる「SLH(スモールラグジュアリーホテルズ)」称号を得ている5ツ星ホテル。

どの部屋にもプライベートプールが付き、完全に外界から独立したプライベートな時間を

楽しめるような造りになっているんです。

しかしながら、ホテルまでの道のりは何の変哲もないプーケットの山道。

高級ホテル特有のひろーーーいアプローチがあるわけでもないので、

正直、”えっ?この道で合ってる?”と夫も私も半信半疑・・・。

でもそれは、『キーマラ』がプーケットに古くから住む架空の少数民族を

テーマにしていることに大きな理由が!

 

 

あくまでも”プーケットの民族のような生活感のある

ステイを楽しんでほしい”というオーナーの洒落た計らいから。

あえてリゾート感のある洗練された景色ではなく、

ありふれた田舎風景のなかにホテルを建設したのだとか。

なんだか深いですね・・・

 

まるで別世界!?一つの集落を連想させるようなデザイン

そんな素朴な風景の中にある『キーマラ』もホテルの全体像が

見えてくると一気に別世界へと入り込むことができます。

木の上に浮かぶようにして造られた巨大なメインロビーに

山々の断面に点々と建つヴィラタイプの客室。

緑が生い茂る山奥に突如、現れたヴィラに

”鳥かご?””あの中に泊まれるの?”と子どもたちは興味津々。

 

 

今までいろいろなタイプのホテルに宿泊してきたリゾートホテルオタクの

私もここまでハイセンスな設計のホテル、見たことはありません!

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

川口ゆかり

ライター

Yukari Kawaguchi

女性誌を中心に活躍するファッションライター。趣味は料理に旅、インテリア。週末はキャンプにスキーと二児の母らしく、とにかくアクティブ。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン