川口ゆかり

海・陸・食も楽しめる!子連れアジアリゾート旅を楽しむコツ

こんにちは。

ライター川口ゆかりです。

 

いよいよ9月。

新学期がスタートし、今年も残すところ3ヶ月となりましたね。

早い方ではもう年末年始の旅行を検討されている方も多いはず。

 

そこで今回は、ちょっぴりハードルが高いと思われがちなアジアの

リゾート旅を楽しむコツ(持ち物、宿泊先など)を8歳・6歳ふたりの

子どもを持つママ目線でお伝えしていきたいと思います。

 

 

子連れにおすすめのアジアリゾートとは?

ビーチリゾートのなかでもアジアを代表する

”プーケット(タイ)”がおすすめです。

日本からほぼ南へ下るだけなので、時差はたったの2時間。

ビザの必要はなく、なにより魅力的なのはハワイやグアムに比べて

物価が驚くほど安いこと!

 

我が家は子供たちを連れて夏休みシーズンに3回ほど

出かけているのですが、何度行っても飽きない。

プールはもちろんですがアンダマン海の真珠と呼ばれる

美しいビーチが旅の舞台!

パウダーサンドのビーチでくつろぐもよし、

タイの激辛フードに舌鼓もよし、格安マッサージで癒されるもよし。

プーケットはまさに海・陸・食、すべて楽しめるアジアンリゾート。

旅行のベストシーズンは11~3月とこれからなので、年末年始の

ご旅行をご検討の方はぜひ。

 

ただ、残念ながら日本からの直行便はないのでバンコク経由が一般的。

東京からバンコクまで約6時間半、バンコクからプーケットまでは約1時間20分と

乗り継ぎがあるので、小さなお子さん連れには少しハードルが高いかもしれませんが

夜or深夜便なら、子供たちが寝ている間に着いてしまったというのがほとんどです。

 

長いフライト、機内でどう過ごす?

機内で眠れない場合は、機内モニターの子ども向け番組を楽しんだり、

持参した新しい本やタブレット、折り紙や風船(膨らませるだけ)、

UNOなど、音が鳴らなくても集中して遊べるものが必須。

小さいお子さんなら、飛行機に乗る前にプレイスペースで

クタクタになるまで遊ばせてから搭乗するのがおすすめですよ。

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

川口ゆかり

ライター

Yukari Kawaguchi

1977年生まれ。LEEでは私服コーデや収納企画など、登場するたび話題に。2児の母としてトレンドをプチプラと賢くMIXしたスタイルが大好評。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン