どうする?うちの子どもの「マネー育」

【3~4歳】ごっこ遊びや絵本からマネー育を始めてみよう!

電子マネーでの買い物、祖父母からのおこづかい……。子どものお金を取り巻く環境に、「このままじゃ、金銭感覚が身につかない!?」と不安を感じる人も多いのでは?

そこで、今話題の「マネー育」について、ファイナンシャルプランナーのたけやきみこさん、八木陽子さん、マネックス証券アナリストの益嶋 裕さんに、お話を伺いました。

子どもの将来のためにも、今日から始めたいマネー育を年齢別にお届けします。

この記事は2018年7月7日発売LEE8月号の再掲載です。


3~4歳ってこんな時期
言葉を理解して会話もできるように。遊びや読み聞かせの中から、ものの大切さ=お金の大切さを知って、心を育む時期です。

 

 おみせやさんごっこをするときは、お金のやりとりも加えてみる

ただごっこ遊びをするのではなく、「お金を介在させる」ことがポイント。

「おもちゃのお金でいいのでやりとりすると、ものには値段があり、お金との対価で商品を購入できると肌で知ることができます」(八木さん)

「正確なおつりの金額などはまだわからなくても、現金の授受の練習になるので○。できれば子どもに値段もつけてもらい『今日はなぜこんなに高いの?』などと会話しながら進めても」(たけやさん)

 

 貯金箱を渡して、お金を貯めることを教える

小さな子どもは、実際にお金を目にして触れることで、その価値や重みを感じやすくなるそう。

「わが家では、お年玉などで親戚にもらったすぐに使わないお金を、貯金箱に入れておくようにすすめています。だんだんと貯まっていくのが重みでわかるし、子どもが『使いたい』と言ったら、『今使ってしまったら、ほかにもっと欲しいものがあっても買えないよ』などと、お金の使い方の話も一緒に伝えます」(益嶋さん)

暮らしのヒント/マネー 最新の記事

マネーをもっと見る

Writer Profile

LEE編集部

LEE Editors

LEE編集部スタッフが撮影裏話や展示会で見たもの、プライベートで気になったことなどを日々発信!

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン