藤本こずみ

「てぬぐい」が子ども服にバッグに! 初心者でもできた簡単リメイク

先日、てぬぐいを愛用している日常をご紹介したのですが(*以前の記事はこちら)、その際、自分の持っているてぬぐいを1枚1枚再確認。

中には出番を待ち続けているものや大切にしまいこまれているものもあり、せっかく実用性抜群のアイテムなのにもったいないな、と気づかされました。

そこで、この機会に、手芸上級者さんたちが実践されているのを見て、いつかやってみたいと思っていた“てぬぐいリメイク”にチャレンジすることに。

ちなみに私は、手芸初心者。前回、本格的にミシンを使ったのは何年前だったか思い出せないほどです。果たして無事に出来上がるでしょうか……?

 

 

第一歩はランチ用ナフキン

 

最初に作りたいと思ったのは、息子が幼稚園の給食&お弁当の時に使う、ランチ用ナフキン。

4月の入園の際にバタバタと数枚調達したのですが、すでにくたびれてしまったものもあり、2学期が来る前に追加で用意したいと思っていたんです。

手持ちのてぬぐいの中から、いくつか候補のものを広げてみたところ、その中に幅が園指定サイズにピッタリ合うものが! 一瞬にして生地決定(笑)!

というわけで、長さを仕上がりサイズの2倍のところでカット。切りっぱなしの辺だけ端を処理して、中表に折り、四辺を縫って、裏返しに。これなら私にもできました。

 

 

写真上が、完成したランチ用ナフキン。

続いて写真下の余り布を、端を処理しただけのハンカチとくるみボタンに。

 

 

小さなアイテムばかりですが、1枚のてぬぐいを無駄なく使うことができて、満足感を味わえました。

 

作ってみたかった、てぬぐいズボン

 

“てぬぐいリメイク”といえば、よく紹介されているのが子ども用の甚平。驚くほど素敵なものを作られている方もいて憧れてしまうのですが、残念ながら私には難しそう……。

でも、ボトムだけならなんとかなるかも? と、次は息子用のズボンに挑戦。

作り方は、いろいろなサイトを見比べて、特に簡単そうなものを参考にしました。

てぬぐいを半分にカットして、端を処理。それぞれを中表にして半分に折ったら、これが脚を通す部分に。

 

 

股の部分を縫い合わせるのに苦労しましたが、ゆっくり作業を進め、ウエストのゴム通しを作って裏返すと……なんとかズボン、完成です!

 

 

早速、息子に着てもらったところ、涼しそう&動きやすそう!

 

 

息子は現在3歳、普段は100㎝の服を着ています。

てぬぐいの幅がほぼそのままズボンの長さになることを考えると、1枚で作るてぬぐいズボンを履けるのは今年が最後かも。

せっかくなので、これからの帰省の際、部屋着や水遊びの時の着替えなどとして、たくさん使いたいと思います。

 

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

藤本こずみ

ライター

Kozumi Fujimoto

1979年兵庫県生まれ。雑誌を中心に、インタビュー、ライフスタイル、占いなどの記事を担当。

家族は夫と2歳の息子。“東京で仕事”と“関西で育児”の二拠点生活に挑戦中。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン