藤原千秋

ワンオペ育児と『小さなユリと』

唐突ですが、まずは以下の詩をご鑑賞ください。
中学校の教科書で、昔、読んだことがあるという方もいるかも知れません。
黒田三郎 作。『夕方の三十分』という作品です。

 


 

夕方の三十分 黒田三郎

 

コンロから御飯をおろす

卵を割ってかきまぜる

合間にウィスキイをひと口飲む

折紙で赤い鶴を折る

ネギを切る

一畳に足りない台所につっ立ったままで

夕方の三十分

 

僕は腕のいい女中で

酒飲みで

オトーチャマ

小さなユリの御機嫌とりまで

いっぺんにやらなきゃならん

半日他人の家で暮したので

小さなユリはいっぺんにいろんなことを言う

 

「ホンヨンデェ オトーチャマ」

「コノヒモホドイテェ オトーチャマ」

「ココハサミデキッテェ オトーチャマ」

卵焼をかえそうと

一心不乱のところに

あわててユリが駈けこんでくる

「オシッコデルノー オトーチャマ」

だんだん僕は不機嫌になってくる

味の素をひとさじ

フライパンをひとゆすり

ウィスキイをがぶりとひと口

だんだん小さなユリも不機嫌になってくる

「ハヤクココキッテヨー オトー」

「ハヤクー」

 

癇癪もちの親爺が怒鳴る

「自分でしなさい 自分でェ」

癇癪の娘がやりかえす

「ヨッパライ グズ ジジイ」

親爺が怒って娘のお尻を叩く

小さなユリが泣く

大きな大きな声で泣く

 

それから

やがて

しずかで美しい時間が

やってくる

親爺は素直にやさしくなる

小さなユリも素直にやさしくなる

食卓に向い合ってふたり坐る

 


 

いかがでしたか?

 

「これ、うちのことかな?」くらいに、身近に感じられませんでしたか?

 

だいたい夕方から夜にかけて、子どものいる家庭はいまでも、それでなくても、どこでも戦場ですよね。

お仕事を持っていても、いなくても、子どもが1人でも、3人でも、5人でも、各々に慌ただしい。そして、親である私たちは一日の終わりで、疲れています。そりゃ、イライラもします。

ウイスキーならぬ、キンキンに冷えた「第三のビール」あたりをプシュッと開け「ガソリン」を入れないことには、ご飯なんか作れない……! という人もいるのではないでしょうか……。

この詩を初めて読んだ中学時代には、「なんだか大変そうだなあ」くらいに感じていた「オトーチャマ」の言動ですが、子どもを持って読み返してみると、「あなたは、私か?」と問いたくなるような共感を抱かざるを得ませんでした。

小さなユリと 黒田三郎著 

 

この詩のおさめられた詩集『小さなユリと』は、1960年に昭森社から出版されました。

 

 

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

藤原千秋

住宅アドバイザー・コラムニスト

Chiaki Fujiwara

1974年栃木県生まれ。住宅ライター・アドバイザー&コラムニスト。家族は夫と娘14歳、娘10歳、娘6歳。毎日5キロ歩いてます。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン