上紙夏花

夏休み到来、後回しになりがちな読書感想文がスラスラ書ける方法とは?

小学生夏休み、母の悩みは…

 

我が家の3年生長男は夏休みに突入。保育園児である次男と私たち両親は通常運転ではありますが、夏休みモードをしっかり感じております。

 

というのも、母として億劫だなとつい思ってしまうことがふたつあるからです。そのひとつ目が、お弁当作り。学童に通ってもらうため、お弁当を作るわけですが、我が家の息子たちは、給食万歳!な保育園育ちで、長男の小学校もいつもは給食。なので、お弁当作りは慣れなくてなかなか大変。ましてや今年のこの暑さとなれば、何を入れたらいいのか…毎日作っているお母さんたちを尊敬します。

そして、ふたつ目が“夏休みの宿題”です。ドリルは放っておいても進むので、特に問題はないのですが、自由研究と読書感想文が最後まで残ります。自由研究は家族のお出かけ先の企画段階でなんとかなったり、好きな分野のことをやればいいので子どものやる気も感じられます。

 

読書感想文だけは、一筋縄ではいかないようです。毎年夏休みの終盤で私の周囲の母たちは「ヤバイ!まだどの本で感想文書くのかも決まってない」「本は決まったんだけど、なかなか書けないみたい」「どうやって読書感想文を書けばいいのか教えられない」などとざわつきます。

 

私自身、こうしてライターをしているわけですが、お恥ずかしいことに、読書感想文のポイントを明確かつ簡潔には教えられません。夫も文筆業なのですが、同様。息子からすると両親が文筆業ということもプレッシャーだそうです。(息子よ、そのプレッシャー、まったく気がつかなかったよ。なんかごめん!)

 

前振りが長くなりましたが、そんな私たちの救世主となった、一冊の本をご紹介します!

 

大人気!『学校では教えてくれない大切なこと』シリーズ

『学校では教えてくれない大切なこと(23)文章がうまくなる』マンガ・イラスト 関和之(旺文社)

 

『学校では教えてくれない大切なこと』シリーズは、小学生とその保護者を対象としていて、教科の枠を超えて大人になっても役立つことをテーマに作られています。漫画仕立てで随所にギャグも散りばめられ、息子もゲラゲラ笑いながら読み進めていきました。

 

作文自体の書き方のポイントを解説する本ですが、早い段階で読書感想文についてのテクニックも紹介されています。この本のメインキャラクターも、夏休み終盤で読書感想文に悩まされるという設定でした。どんな視点で書くといいのか、タイトルのつけ方、文章を上手に書くためのトレーニング法などなど、私自身も参考になるところがたくさんありました。この本を読み終わる頃には「書いてみたい!」と意欲が湧くのが摩訶不思議! 今年は夏休み前半で終わらせられるかな?

 

このシリーズには、『整理整頓』や『時間の使い方』、『勉強が好きになる』というような親が読ませたいと思うものから、『カッコよくなりたい』など、子どもも興味津々なタイトルが揃っています。漫画なので、読書感想文用の本の対象から外れるかとは思いますが、自由研究にも活かせそうですね。

 

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

上紙夏花

ライター

Natsuka Uegami

1977年大阪府生まれ。吉本新喜劇の女優を経て、ライターに。現在は化粧品の商品開発やPRを手掛けるほか、ベビーマッサージ講師としても活動している。夫・息子6歳&1歳。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン