佐々木はる菜

悩める「海外駐在妻」の情報サイト「駐妻café」には、全女性の生きるヒントが詰まってる?!

皆さんは、家族の事情で自分の人生が大きく変化した経験はありますか?私は、あります。
女性は、結婚・出産・子どもの成長・ご家族のお仕事などに、自分の生き方を合わせて行かざるを得ない部分もまだまだ多く、それゆえの悩みを抱える方もいらっしゃるは少なくないのでないでしょうか。

その一例と言える大きな出来事に、「海外転勤」があると思います。
今回、夫の転勤に伴う海外駐在に帯同する「妻」へのサポートを行う「駐妻café」の活動について取材。生活情報の提供などにとどまらず、”夫について行く”立場となる女性自身のキャリアや生き方を支援する活動は、今を生きる多くの女性のヒントになると感じました。

華やかなイメージの陰で…「駐妻」の悩みと孤独

「駐妻café」は、夫の海外駐在に帯同している(あるいはその経験がある)女性が中心となり、
同じ立場にあったり、これから海外に出発するプレ駐在妻の女性たちに向けて情報発信しているサイトです。

時代もあるのか、私の周りには転勤で海外に住む友人が多く、その中のひとりを通してこの活動について知りました。我が家と同世代のお子さんの子育てをしながら、日本にいる時は仕事と家庭を懸命に両立するワーママだった友人。誇りを持って仕事をし、様々な場に積極的に出かけ、充実した日々を過ごす姿にいつも憧れていました。
そんな彼女は帯同後、生活環境の変化に加え、初めて仕事をしない生活をし、社会との繋がりや、人から求められることがなくなったことで深く悩んだそう。「駐妻」は華やかなイメージも強いと思いますが、海外という場所で孤独感や空虚感に苛まれ一人で苦しんでしまう女性も多く、ひどい場合は心身のバランス崩す方も少なくないと知りました。自身のキャリアが断絶してしまうこと、帰国後の復帰について…仕事を持つ女性が増えたからこその問題とも言えるのではないでしょうか。

グローバルライフデザイン代表 駐在妻キャリアサポートコーチ 飯沼ミチエさん

「駐妻café」を運営する飯沼ミチエさんご自身も、パートナーの転勤に伴い、2か国3都市でトータル5年半暮らした、元「駐在妻」。子育てしながらの駐在中はもちろんですが、ミチエさんにとっての本当の試練は帰国してからだったといいます。

「次にいつ海外転勤があるかわからない状況の中で、自分がこれからどんな働き方、生き方をしていきたいのか、毎日深く悩み迷う状態が半年以上続きました。“私の人生、夫についていくだけなの?子どものお世話だけで終わっちゃうの?子育てと転勤が終わったときには、もう仕事するなんて無理じゃないの?”」

そんな中で「コーチング」に出会い、今後はそれを活かしながら、同じように悩む駐在妻の皆さんの力になれる活動をしたい!と考えるようになったそう。2018年には「第9回大田区ビジネスプランコンテスト」の入賞や、一般社団法人 日本起業アイディア実現プロジェクトによる女性起業チャレンジ制度にて特別優秀賞を受賞されるなど、活動の幅をどんどん拡げられています。

暮らしのヒント/生き方ナビ 最新の記事

生き方ナビをもっと見る

Writer Profile

佐々木はる菜

ライター

Halna Sasaki

1983年東京都生まれ。結婚・出産を機にWebライターを始め、国内外のトレンドやニュース、子育て情報などを執筆。女性のキャリア・働き方についての情報発信も目指す。京都人の夫、甘えんぼ5歳息子&強気な2歳娘の4人家族

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン