古川はる香

おーなり由子さん「子育ての正解、お母さんの正解なんて”ない”と思ったほうが楽」【新刊『こどもスケッチ』インタビュー】

 

子育ての一瞬の出来事・想いを「スケッチ」のようにつづった一冊

絵本作家、漫画家のおーなり由子さんが、自身の子育てにまつわる思い出を絵と文でつづった『こどもスケッチ』。

絵本や子ども向け番組などでおーなりさんのお名前を知っている方も多いと思いますが、私にとっておーなりさんとの出会いは『りぼん』。『LEE』と同じ集英社の少女漫画雑誌です。漫画家としては10代でデビューされたというおーなりさん。当時『りぼん』で描かれていたまさに絵本のような漫画を読んでいた私にとって、時を経てこうしておーなりさんから育児についてのお話をうかがうとは!と、感動です。

おーなりゆうこ●絵本作家、漫画家。イラストエッセイやNHKの子どもの歌の作詞なども手がける。著書に『ことばのかたち』(講談社)、『だんだんおかあさんになっていく』(PHP研究所)、『あかちゃんがわらうから』(ブロンズ新社)『ひらがな暦』(新潮社)『きれいな色とことば』(講談社文庫)など多数。

 

やさしいタッチの絵も、読みながら「あるある!」と大きくうなづいてしてしまうエッセイも、まさに「スケッチ」のように子育て中の親の目に映る瞬間や、心によぎる想いをとらえたものばかり。おーなりさんのお子さんが赤ちゃんの頃の思い出から始まり、やがて幼児の頃、小学生入学後と成長していきます。実際には、お子さんが6歳の頃から雑誌の連載として描き始められたもの知ってびっくり!

私が今まさに6歳の子を持つ親ですが、赤ちゃん時代の一瞬一瞬をこんなに鮮やかに覚えている自信はまったくなく……。

 

「メモを取るのが習性で(笑)。子どもが産まれてからも、枕元にノートが置いてあって、昼寝中にメモしたり。でも、連載中、書いているうちに、だんだん思い出してくることも多くて。赤ちゃんを育てている最中よりも、少し遠くなっているから冷静に書けることもありました」

 

「ちくわをストローにする」わが子の感性に感心!

子育てをしていると、子どものまっさらな感性にハッとさせられることがたびたびあります。時として、その感性に困らせられることもありますが(笑)、おーなりさんの場合、ご自身がものをつくる方だからなのか、瑞々しい感性の発露をしっかり受け止めようとする姿勢が感じられます。

 

「小さいとき、特に10歳くらいまではほんとうにおもしろかったです。たいした被害じゃないことだったら楽しめます(笑)。本にも書きましたけど、ちくわをストローにしてお茶を飲めることを発見して大喜びしてたこととか、“へえー”と感心したり笑ったりすることがいっぱいで(笑)。名刺を机に置いていたら、いつのまにか縁にぐるっとハサミで切りこみを入れられてフリンジみたいになってたり(笑)。親の知らない時間にひとりで思いついてやってることって、個性を感じて、おもしろいなあって思いますね」

 

人によっては、それを見て「おもしろい!」とはならず、「大事な名刺に何やってるの!?」「勝手にハサミ使って危ないでしょ!?」と怒ってしまうかも……(私も怒ってしまうかも……)。『こどもスケッチ』を読むと全編に漂うおーなりさんの子育てに対するおおらかさは尊敬するものが。そのおおらかさは、どこから来るものなのでしょう?

 

「子育ての神様はいない」という言葉に救われる

 

「自分では、おおらかなんて思ったことないです(笑)。しょっちゅうおろおろしているし、いつも、いきあたりばったりで。本の中でも書きましたけど、 “子育ての神様はいない”という名言があって。どこかで偶然耳にしたものだったんですけど、誰も責めない言葉に、救われるなあ、と思いましたどの子にも合う答えなんか、ほんとうはどこにもないんですよね」

 

“子育ての神様はいない”という言葉について、『こどもスケッチ』の中では

親子の組み合わせも感受性も環境も、千差万別。その子がどう育つかなんて、複雑すぎて誰にもわからないのだ。正解を知っている神様なんていない。

と書かれています。

本当にその通りで、ついつい雑誌や書籍、WEBなどで子育て情報を探しているうちに、どこかに絶対に間違いのない「正解」があるような気がしてしまうもの。でも、ある親子にとって「正解」だったことが、自分たち親子にも「正解」とは限らないのが子育ての難しいところ!

「 “正解”なんて“ない”もの、と思った方が楽(笑)。あたりまえだけど家族の正解も、子どもの正解も、お母さんの正解もなくて。雑誌なんかでは、お手本のような家族が紹介されて、そういう人たちがいっぱいいるように感じさせられるけど、それぞれの家のなかのバランスは、どんな人も手さぐりで、ものすごく色々なんじゃないかと思う。情けないこと、役に立たないこと、どうでもいいことだらけで出来ている日常が本当のところで、そんな日常が、あったかくて気楽です」

 

『こどもスケッチ』より。小さい女の子がさらに自分より小さい子を抱っこしているところ。抱っこされてる子の片方の靴が脱げているのがとてもリアル!

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

古川はる香

ライター

Haruka Furukawa

1976年、大阪府生まれ。雑誌・Web等でライフスタイル、カルチャー、インタビュー記事を執筆。現在のライフテーマは保活と子どもの学び、地域のネットワークづくり。家族は夫と6歳の娘。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン