相馬由子

共働き家庭共通の悩み「家事分担」、我が家の場合の着地点

子どもが幼児期から仕事復帰する女性が増え、共働きは珍しいものではなくなりましたよね。でも、私の周りでもよく聞くのは、2人で同じように働いているはずなのに、家事育児はいつの間にか妻がほとんどやることになっているとか、うまく分担できないという声。我が家の場合、子どもが2歳くらいの時に役割分担を決めてから、あまり揉めなくなりました。そこで、参考までに、我が家がどう分担しているのかをご紹介しようと思います。

夫婦で揉めて悩んだ産後1年半

現在娘は5歳の年長です。保育園には生後5カ月になる少し前に入園しました。なぜそんなに早く復帰したかというと、フリーランスの私にとっては、長く休むことには何のメリットもなかったですし、仕事が楽しかったからです。

私自身、実家も自営業で、昼間はほとんどおばあちゃんに育てられたので、早く保育園に入れることには特にためらいはありませんでした。

とはいえ、0歳児は、保育園に預けているといっても、帰ってきてから離乳食を食べさせてお風呂に入れて、寝かしつけるまでが、これまた大仕事です。時には布団に連れていってから1~2時間寝なかったり、うちの場合は1歳半までひどい夜泣きが毎日ありました。保育園に入って1年くらいは、仕事と家事の両立が大変すぎて、毎日のように夫と喧嘩ばかりしていました。

保育園2年目から見えた着地点

そんなある日、いつも仕事でお世話になっているイラストレーターさん(2人の子どもがいるパパ)から、子どもと一緒に寝ちゃったほうが子どもも早く寝るし、そこから6時間くらい寝て、早朝3時とか4時に起きて仕事をするとはかどるという話を聞きました。

それはいい考えだと思いましたが、じゃあ、食事の片付けや、洗濯機の中で洗い終わっている洗濯物を干すという仕事をどうしようと思いました。そこで思いついたのは、子どもの寝かしつけ以降の家事=食事の片付けと洗濯物を干すのは、毎日夫の仕事と決めるという方法。食事は家族3人分を私が作っておき、私と娘が先に食べた食器はそのまま台所に下げておきます。そして、夫が帰宅後に食事をした後に全部まとめて洗う。洗濯は、私と娘がお風呂に入った後に洗濯機に入れてかけておき、それを帰宅後の夫が干すという役割分担です。

食事の後片付けと洗濯物干しは、たとえ飲み会で夜中に帰ってきても、自分が外でごはんを食べて帰ってきてもやってほしいと頼んだら、あっさりOKしてくれました。この話をすると、「それはさすがにひどい」「鬼嫁だ」と言われることがありますが、お迎えから寝かしつけまでは、ほぼ毎日私が全てやるのだから、それくらい頼んでもいいだろうというのが私の考えです(笑)。

暮らしのヒント/家事 最新の記事

家事をもっと見る

Writer Profile

相馬由子

ライター

Yuko Soma

1976年、埼玉県生まれ。夫と5歳の娘との3人暮らし。編集プロダクション、広告系出版社を経て独立。ウェブ、雑誌、書籍などで編集、執筆を手がける。最近では、子育て、アウトドア、旅、食などのテーマを担当することが多い。合同会社ディライトフル代表。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン