藤本こずみ

暑い夏こそ「てぬぐい」! おしゃれでエコな活用法とは?

暑い夏がやってきましたね!

私の暮らしの中で、特にこの季節に活躍してくれるアイテム……それは、てぬぐいです。

いつからか、使いやすさとデザインにときめいて少しずつ集めているうちに、その数、30枚ほどになっていました。

 

引き出しの中に待機していたてぬぐいたち。このほか、現在稼働中&洗濯中のものも。

 

スッキリ&ミニマムな暮らしに憧れていながら、明らかに多いとは思うのですが……“それでも、なぜか、欲しくなってしまうもの”って、ありませんか?

私にとっては、それが手ぬぐいなのかもしれません。

一目惚れしたもの、旅の記念に買ったもの、友人にもらったもの……1枚1枚、思い入れがあります。

今回は、(とってもささやかですが)そんなてぬぐいたちが私の日常に溶け込んでいる様子をご紹介したいと思います。

 

ハンカチ、タオル、布巾代わりに

 

日本で昔から受け継がれてきたものだけあって、てぬぐいは実用性抜群。

私は最初、ハンカチ代わりに使い始めたのですが、大きい、薄くて軽い、吸水性が高い、すぐに乾く……などなど、いいことばかり。

夏や旅行中は、2~3枚持ち歩くようになりました。

最近出番が多いのは、スイカ柄。ちなみに、今年のお正月頃は、干支にちなんだ柴犬柄のものをよく使っていました。

また、我が家ではキッチンやダイニングで、タオルや布巾の代わりとしても愛用中。

そのほか、テーブルランナーやランチョンマットやおしぼり……1枚で何役もこなしてくれて、本当に頼りになる存在です。

 

この夏は、mina perhonenのてぬぐいをテーブルランナーにしています。

 

家の中でもあちこちに

 

実用性だけでなくデザイン性も高いのも、てぬぐいの魅力。

古典的なものからおしゃれなものまで幅も広く、いろいろな世界観が楽しめるんですよね。

我が家では、家の中のあちこちで、カラフルなてぬぐいが目に入ります。

例えば……色も形もバラバラの、細々とした園グッズが入っているカゴには、てぬぐいで目隠し&埃よけ。

 

息子の好きな絵本『にんじん』のてぬぐいを選んでみました。

 

寝室の片隅に置いてあるカゴにも、同様に。その手前のティッシュカバーも、てぬぐいで包んで結ぶだけで簡単にできるのでオススメです。

 

寝室には、白×グレーの壁紙に合うてぬぐいを。

 

もちろんこれらは、いつでもすぐに洗濯&交換可能。時々別のデザインにしてみると、意外なほど気分も変わります。

 

 

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

藤本こずみ

ライター

Kozumi Fujimoto

1979年、兵庫県生まれ。雑誌を中心に、インタビュー、ライフスタイル、占いなどの記事を担当。趣味は観劇&リラクゼーションスポット巡り。おいしいもの好きの夫、パワフル派の4歳長男、おっとり派の0歳長女との4人家族。“東京で仕事”と“関西で育児”の二拠点生活に挑戦中。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン