佐々木はる菜

息子の生後2283日!育児日記継続中の私に刺さった「子どもの名言」本

先日、夕ご飯に出したきんぴらごぼうの箸が進まなかった6歳長男に「ちゃんと食べなさい」と言ったところ、

「人参が、楽しかった気持ちを消しちゃうから」

と返され、思わず笑ってしまいました。

子どもというのは、突然、絶妙な返しをしてきたり、大人が考えもつかないような面白いことを言ったりしますよね。そんな子どもたちの名言&迷言を一冊にまとめ、2018年2月の発売以来ジワジワと人気を集めている本があります。

今回は、この「大人に刺さる幼稚園・保育園児の名言」という本の魅力と共に、私自身が続けている「育児日記」についてもご紹介したいと思います!

可愛すぎる子どもたちの言葉、306選!

こちらの本に収録されている「2歳~6歳児の笑って泣ける名言&迷言」は306個。保護者の方や幼稚園・保育園の先生方から実際にアンケートを取って集めたそうで、ページをめくるたびについ、声を出して笑ってしまうようなものばかり。純粋な心を感じるあたたかなもの、大人顔負けの鋭い発言、感心してしまうほど斬新な視点、そして、思わず目頭が熱くなってしまう、心をぎゅっとつかまれるような深い一言…子どもたちならではの可愛い言葉が、たくさん詰まっています。

そして、私がこの本に惹かれた理由のひとつに、自分がつけている「育児日記」の存在があります。長男が産まれた時に書き始めたものが、だんだんと子どもたちの面白かった語録に変わり、相変わらず「生後〇〇日」という記載は続けながら、今では絵日記(?)のようになっています。

家族の似顔絵と吹き出しスタイルが定番化。絵はラクガキレベル、字は走り書き、内容もしょうもない(笑)ですが、私にとっては宝物!冒頭の「人参発言」もここから抜粋。

ただ、ここ1、2年は毎日一言書くことすらなかなかできていません。面白い発言を聞くと、とりあえずスマートフォンにメモを残し、あとからまとめて書くことが多いのが実情。1冊ノートが終わるタイミングで今回こそやめようと何度も考えたのですが、結局やめられないまま、息子は生後2283日、娘は生後1281 日の今日まで続いています。

産後すぐ向けの、いわゆる「育児日記」から始まり、今では10冊近くに。

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

佐々木はる菜

ライター

Halna Sasaki

1983年東京都生まれ。結婚・出産を機にWebライターを始め、国内外のトレンドやニュース、子育て情報などを執筆。女性のキャリア・働き方についての情報発信も目指す。京都人の夫、甘えんぼ5歳息子&強気な2歳娘の4人家族

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン