津島千佳

保護猫と触れ合える「江戸ねこ茶屋」でタイムトリップを楽しもう!

今や空前の猫ブームで、猫が大好きな人も多いはず。そんなあなたに負けず劣らず大の猫好きだったのが、浮世絵師の歌川国芳。猫を主役とした浮世絵も多数残しています。

その流れから、幕末から明治期にかけて作られた子ども向けの浮世絵版画「おもちゃ絵」にも猫をモチーフとしたものがたくさんあります。そんな浮世絵の世界の中にどっぷりと浸かりながら、本物の猫に触れ合ってもらおうと、江戸版の猫カフェともいえる「江戸ねこ茶屋」がJR両国駅西口そばに期間限定オープンしています。

浮世絵の猫とも、本物の猫とも触れ合える

長屋をモチーフにした奥行きのある建物の中は、実際に残っている「おもちゃ絵」から起こした書割の猫があちこちに。その近くを本物の猫が自由にすごしています。

建物内は「ねこ湯」や「ねこ遊郭」、「ねこ茶屋」などのゾーンに分かれ、そこは「おもちゃ絵」を再現した空間になっています。

たくさんの猫が湯浴みをしている「ねこ湯」。このモチーフは、こんなおもちゃ絵です。

ほかにも江戸時代の火消しに欠かせないはしごがキャットタワーになっていたり、

両国橋の書割をはじめ建物内には猫用の通路が3つあり、中で用を足せるようになっていたりと、猫が快適にすごせる作りになっています。

一番人気のブースは「ねこ遊郭」。唯一靴を脱いで上がれる畳のスペースで、猫もリラックスできるのか、のんびりしています。

暮らしのヒント/社会貢献 最新の記事

社会貢献をもっと見る

Writer Profile

津島千佳

ライター

Tica Tsushima

1981年香川県生まれ。主にファッションやライフスタイル、インタビュー分野で活動中。夫婦揃って8月1日生まれ。‘15年生まれの息子は空気を読まず8月2日に誕生。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン