会社を設立してみた

設立資金は節約!自力で合同会社を作ってみた【後編】

フリーランスの編集者、ライターとして約6年仕事をしてきた私が、そろそろ会社にしようかなと考え始めたのは昨年のこと。色々調べた結果、自分一人で法人化する際にメリットの多い「合同会社」を作ることに。一般的には会社設立の手続きを司法書士に依頼する方が多いですが、私は少しでも設立時の資金を節約するため、すべて自分でやってみることにしました。

a0001_013325_m

1:社名を決めて定款を作る

まず最初に会社名=商号を決めました。現在は他の会社と同じ会社名でも登記できるそうですが、できるだけ同じ業種ではかぶらない名前のほうがいいと思い、インターネットなどで検索してチェック。

会社名を決めたら、次に定款を作りました。定款とは会社の商号や事業目的、資本金の金額、事業年度など、会社の基本規則をまとめた書類で、登記申請書と一緒に法務局に提出します。作成する際、会社設立のノウハウ本に載っている形式や、インターネットで検索すると見本が出てくるので、これらを参考に作成しました。事業目的については、今後行う可能性がある事業まで見据えて記載する必要があります。後から変更することもできますが、事業目的を変更する際には費用がかかります。

なお、同業他社の事業目的を参考にするのも1つの手です。法務局に行けば、他社の登記事項を閲覧することができます。

定款を作ったら、一度法務局の相談窓口に行って、会社名や定款の内容に不備がないか見てもらいました。私が行ったさいたま地方法務局は、相談の予約もできました。

できあがったらA4でプリントし、ページごとに割印を押し、4万円の収入印紙を貼って、そこにも割印を押します。この原本は、会社で保管し、登記申請書にはこのコピーをつけることになります。

2:会社の印鑑を発注

会社設立時には、会社の実印となる代表社印、銀行口座を作る時に使う銀行印、請求書や領収書など日常的に使う角印が必要になり、3つセットで販売されていることが多いです。価格はかなり幅があるので、いくつかのお店で見積もりを出してもらったり、ホームページなどで調べて、比べてみたほうが良さそう。私は、いくつかのお店で価格を比較した結果、3つセットで3万円ほどの印鑑を作りました。

なお、登記申請の際に、出資者の印鑑証明も一緒に出さなければならず、私は結婚後の名前で印鑑登録をしていなかったので、この時に一緒に作って印鑑登録を行いました。

暮らしのヒント/生き方ナビ 最新の記事

生き方ナビをもっと見る

Writer Profile

相馬由子

ライター

Yuko Soma

1976年、埼玉県生まれ。夫と5歳の娘との3人暮らし。編集プロダクション、広告系出版社を経て独立。ウェブ、雑誌、書籍などで編集、執筆を手がける。最近では、子育て、アウトドア、旅、食などのテーマを担当することが多い。合同会社ディライトフル代表。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン