藤本こずみ

どうする?子どもの“名札の穴”。制服や私服への簡単対策見つけました!

私服には簡単手作りで対策

 

息子の通う幼稚園では、今後、私服で登園する機会もあるそうなのですが、その際の“名札の穴問題”も気になります。Tシャツの場合は、毎回同じ位置を探すのも手間だし、適当に刺していると破れてきそうだし……。普段も着るものだけに数も必要、できればデザインにもこだわりたいところ。そこで、まずは制服につけたワッペンのようなものを作ってみました。

 

 

といっても、作ったのは安全ピンを通す部分だけで、幅1.5cmのテープを長さ4cm程度でカットし、接着面1cm程度を残して輪にしただけのもの。私は、入園準備で使った記名用のアイロンテープの残りを使い、輪にした部分のみ手縫いしました。

接着面と手縫い部分をワッペンで隠すと、このような感じに!

 

 

今回は、制服につけたものより大きめのワッペンを選んでみました。輪以外の部分が隠れればOKなので、ボタンやテープ、女の子ならリボンをつけても可愛くなりそうですよね。

 

 

他にもこの夏着られそうなTシャツを出してきたところ、名札をつけるのにぴったりの胸ポケットつきのものが。こちらは、安全ピンを刺しやすい、ポケットの入り口部分の裏側を補強してみることにしました。いろいろリサーチしてみると、フェルトやマスキングテープや絆創膏(!)などで補強する方法があるようだったのですが、私はひとまず、上でも使ったアイロンテープを貼るだけの対策を。

 

 

これは簡単! 見た目が変わらないのも高ポイントです。私服の名札対策には、ポケットつきのTシャツが便利かも?

これにヒントを得て、着古した息子の服をガサゴソ捜索する私。使えそうなものからポケット部分だけを切り取り、入り口部分の裏側をアイロンテープで補強します。すると……わずか数分で“名札つけ用、なんちゃって胸ポケット”が完成(笑)。これなら、私服にも違和感なくマッチしそう!

 

 

このように、私服には、不器用な自分にもできる簡単手作りで対策をしてみました。我が家の“名札の穴問題”、今年の春夏は、これらの工夫で様子を見てみようと思います。

 

今回、対策を調べてみたところ、身近なものを使った対策から、名札をつけられるクリップやあらかじめ名札をつけるポイントが設けてある洋服などの便利アイテムまで、いろいろな方法があることを発見!

まだまだ育児の世界は知らないことだらけだな、と実感&感動した新米母親でした。

こういうものに出会うと、“ちょっと困ったこと”を工夫でクリアしてきた先輩ママさんたちや、「こんなの欲しい!」という声に応えてきてくれた作り手さんたちに対して、ありがたい気持ちになりますね。

これからも、息子の成長に合わせて育児の世界を開拓していくのが楽しみです。

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

藤本こずみ

ライター

Kozumi Fujimoto

1979年、兵庫県生まれ。雑誌を中心に、インタビュー、ライフスタイル、占いなどの記事を担当。趣味は観劇&リラクゼーションスポット巡り。おいしいもの好きの夫、パワフル派の4歳長男、おっとり派の0歳長女との4人家族。“東京で仕事”と“関西で育児”の二拠点生活に挑戦中。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン