30代から知っておきたい「乳がん」のこと

【乳がん体験談】若年性乳がん・・・気になるお金のこと、仕事のこと

お金のこと、仕事のこと・・・気になるQ&A

 もし罹患したら治療のお金が不安……。使える制度はある?
 保険に加入していれば使える高額療養費制度
抗がん剤治療、手術などの標準治療だけであれば「高額療養費制度」でお金が戻ってきます。医療費が一定額を超えると戻ってくる制度で、公的医療保険に加入していれば誰でも受け取ることができます。
ただ、自分で申請をしなければ支払われないので、保険の種類に合わせて、申請方法を確認しておきましょう。後からの申請だけでなく、治療費の支払いの際に、一緒に申請できる場合もあります。

 保険はどんなものに入っておくべき?
 診断給付金付きのがん保険がおすすめ
標準治療だけであれば高額療養費制度でかなり戻りますが、入院時の個室料の差額や、治療中に仕事を休んだ際の生活費の保証はありません。
できれば、30代からがん保険に入るのがおすすめ。医療保険でも、診断給付金付きのものを。罹患した際に、診断給付金が100万円でも入れば仕事を休んで一息つけます。30代であれば月々の負担は3000円程度だと思います。

 罹患していることがわかったら、会社に言わなければダメ?どのような手順を踏むべき?
 誤解のないように報告を。使える制度がある場合も
会社には言うべきだと思います。治療を始めれば、休むことも多くなると思うので、その際に伝えていないと、さぼっているなどと誤解を受けてしまいます。
最低限、直属の上司と身近な同僚に報告を。会社によっては治療中休みやすかったり、時短勤務にできたりと、サポート制度がある場合も。その手続のためにも、やはり会社への報告は必須です。

 乳がんの治療をした場合、どのぐらい仕事を休むべき?
 進行具合や治療法によって大きく異なります
病状が人によってまったく異なるように、仕事を休む期間も人によってさまざまです。抗がん剤治療を受けるならば、乳がんの広がりや再発リスクに応じて術前か術後に3カ月~半年くらいは投与を続けなければなりません。
その場合、私のように吐き気、脱毛、倦怠感といった副作用が強く、1年近く仕事をお休みすることも。
ただ、最近は抗がん剤の副作用をやわらげる対処療法がうまく行われるようになり、仕事も続けやすくなっているようです。
さらに、手術を受ける場合も、5日~1週間ほどの入院、その後少し休み、2週間ほどで復帰できるケースも。働きながらの治療がどんどん可能になっているなという印象です。

 仕事は辞めたくないけれど、仕事に関して相談できるところはある?
 がん患者のための電話相談の窓口もあるのでぜひ活用を
がん患者のための相談窓口はいくつかあって、私も治療中は電話相談を利用したことがあります。
仕事の続け方のほか、がん治療後の転職や、一度休んでからの新たな就職の相談もできます。乳がん治療に力を入れている大規模の病院で、産業カウンセラーなどの専門家が相談を受けてくれる場合もあるので、問い合わせてみましょう。


撮影/名和真紀子 ヘア&メイク/千葉智子(ロッセット) イラストレーション/macco 取材・原文/野々山 幸(TAPE)
この記事は2018年2月7日発売LEE3月号『30代から知っておきたい「乳がん」のこと』の再掲載です。

暮らしのヒント/生き方ナビ 最新の記事

生き方ナビをもっと見る

Writer Profile

LEE編集部

LEE Editors

LEE編集部スタッフが撮影裏話や展示会で見たもの、プライベートで気になったことなどを日々発信!

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン