30代から知っておきたい「乳がん」のこと

【乳がん体験談】若年性乳がん・・・気になるお金のこと、仕事のこと

女性なら誰もが気になる病気、乳がん。30代、40代の忙しいLEE世代がもし今、罹ったら、生活は、仕事はどうなるのでしょうか?
乳がんを患いながらも、たくましく日々を生きる女性たちの貴重な体験談を伺いました。

この記事は2018年2月7日発売LEE3月号の再掲載です。

 

フリーライター、医療ジャーナリスト 本荘そのこさん

PROFILE
ほんじょう・そのこ●1969年生まれ。
地方新聞社勤務などを経て、1998年よりフリーライターとして活動し、医療分野を中心に取材、執筆を行う。
2004年に乳がんが発覚し、約9カ月間治療を行う。著書に『がんに不安を感じたら読む本』(光文社)。

 

確定診断に時間がかかり、腫瘍が6㎝の大きさに。抗がん剤治療を乗り越えて、その後に結婚・出産も

「最初は、自分でしこりを見つけました。すごく小さいけれど、左胸に確実に当たるものがあって。乳腺専門医のクリニックでエコー、マンモグラフィに加えて、『穿刺吸引細胞診』という精密検査もしてもらいましたが『乳がんではない』という結果に。ホッとして、病院を後にしたんです」

フリーライター、医療ジャーナリストとして活躍する本荘さんは2004年、34歳の若さで乳がんが発覚。いわゆる「若年性乳がん」だったのですが、確定診断が出るまでに、なんと約半年間もかかったと言います。

「『乳腺線維腺腫』という良性の腫瘍だと言われたのですが、しこりは日に日に大きくなり、5㎝ほどに。外側から見てもわかるほど腫れていて、触ると小石のようにゴリゴリとしていました。さすがにおかしいなと思って同じクリニックを訪れても、やはりがんではないと……。ただ、膿がたまっているかもしれないから、念のため切開して検査を、となり、細胞を取って病理検査に出したところ、がん細胞が見つかったと言うんです。ショックなのはもちろん、『違うと言われていたのに』と驚きが隠しきれませんでした

暮らしのヒント/生き方ナビ 最新の記事

生き方ナビをもっと見る

Writer Profile

LEE編集部

LEE Editors

LEE編集部スタッフが撮影裏話や展示会で見たもの、プライベートで気になったことなどを日々発信!

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン