映画ライター折田千鶴子のカルチャーナビアネックス

ずっと観ていたくなるホッコリ映画『モリのいる場所』 円熟した夫婦が醸す空気に、笑いながら癒される

沖田修一監督の新作がまたとんでもなくユニーク! 

私、さして美術に詳しいわけではないのですが、本コーナーでなぜか“画家・美術映画”を紹介する機会が多い不思議……。と言っても今回の作品は、少し型破り? 飛びぬけてユニークな映画の登場です。

皆さんは熊谷守一さんという画家をご存知ですか? この『モリのいる場所』という映画は、知る人ぞ知る伝説の画家・熊谷守一さんの、“晩年のある一日”を描いた作品です。“ある一日”ということからして、他作品とは一線を画していますよね。LEE本誌6月号でも紹介しましたが、何とも言えず後を引く、ユーモラスでずっと観ていたくなるような映画なんです。

監督は、なるほどね、と思わず納得の沖田修一監督。沖田監督と言えば、『横道世之介』しかり『滝を見に行く』しかり、 “ユーモラスでほっこり”する映画を多く撮られる人気の監督さん。LEE読者の皆さんも、きっと『南極料理人』あたり、大好きな方が多いのではないでしょうか?

 

沖田修一 1977年生まれ。01年、日本大学芸術学部映画学科卒業。短編自主映画を数本撮った後、02年、短編『鍋と友達』が水戸短編映像祭でグランプリを獲得。06年、初の長編監督作『このすばらしきせかい』を発表する。09年、『南極料理人』が劇場公開され大ヒット。『キツツキと雨』(12/東京国際映画祭審査員特別賞受賞、ドバイ国際映画祭で3冠達成)、『横道世之介』(13/ブルーリボン賞最優秀作品賞受賞)、『滝を見にいく』(14)、『モヒカン故郷に帰る』(15)など。

そんな愛すべき作品を撮り続ける沖田監督に、またも大のお気に入り映画となった『モリのいる場所』について、お話をうかがってきました!!

 

山﨑努さんと樹木希林さんが居るだけで絵になるんです

通称“モリ”こと熊谷守一さん、御年94歳(1880~1977/つまり本作の舞台は昭和49年)。30年間、ほぼ外出することなく、日本家屋に暮らし、庭の草木や生きものを見つめ、それらの絵を描き続けています。冒頭、昭和天皇がモリの絵を見て、「これは、何歳の子どもの描いた絵ですか?」と尋ねるシーンが挿入されますが、そこだけで思わず噴き出してしまいます! 相変わらず絶妙な“間”を掬い取るのが上手い!!

「それ、実話なんです。ここで描く1日とは少し時代がズレる逸話ですが、ちょっと遊びたくて無理矢理、組み込んでみました。中盤に登場する、文化勲章を電話で断ってしまう逸話も実話です。本当に「袴が履きたくないから」と断ったらしくて(笑)」

“ハイハイ、あぁそうですか、いりませんか”とモリの言葉を聞いて、“いらないそうです”と電話で伝える妻・秀子さんにも大爆笑です!

 

『モリのいる場所』 http://mori-movie.com/
5月19日(土)シネスイッチ銀座ほか全国公開
監督:沖田修一 出演:山﨑努、樹木希林 加瀬亮 吉村界人 光石研 青木崇高 吹越満 池谷のぶえ きたろう 林与一 三上博史
配給:日活     (c)2017「モリのいる場所」製作委員会

モリを演じるのは、山﨑努さん。76歳の妻の秀子さんに樹木希林さん。そして姪の美恵さん(アラフォー!?)を池谷のぶえさんが演じています。沖田監督が“モリ”を知ったのは、『キツツキと雨』の現場で、山崎努さんから“僕のアイドル”と紹介されたことによるそうです。

「ですから本作は、そもそも山﨑努さんの“モリ”をスクリーンで見たい、という僕の思いから始まった映画。当然ながら実在の人物であり、史実もありますが、本作はドキュメンタリー映画でもないし、堅苦しい伝記映画にもしたくなかったんです」

「現場では、そこに山﨑さんと樹木さんが並ばれるだけで、もう何も言うことがないくらい絵になるんですよ。しかもお2人とも脚本をとても気に入って下さって、こうした方がいいんじゃないかとか、色々と現場で一緒に作って下さいました。加えて池谷のぶえさん(現在、ドラマ「半分、青い」「執事 西園寺の名推理」に出演中の、要注目の名バイプレイヤー)も非常に勘のいい方で、3人であの空気を作ってくれました」

名優2人が大いに気に入ってくれた面白い脚本が、現場でさらに膨らんでいくのを、監督も実感されたそうです。

長年連れ添った夫婦の空気を、飄々と絶妙に醸し出す山﨑努さん×樹木希林さんが、本当にイイ味! もう、それだけでも観る価値十二分の映画なんです。

 

暮らしのヒント/ひとり時間 最新の記事

ひとり時間をもっと見る

Writer Profile

折田千鶴子

映画ライター/映画評論家

Chizuko Orita

1968年、栃木県生まれ。LEE本誌で映画&DVD紹介頁やインタビューを担当。その他、新聞・週刊誌・雑誌などで映画コラムや批評、取材記事を執筆。夫と8歳の双子男子と愛犬の、4人1匹暮らし。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン