相馬由子

子どもとのお出かけに!超軽量のウルトラライトバックパック

登山の装備をできるだけ軽量化して、身軽に山歩きをしようという「ウルトラライト」というムーブメントがあります。これは、2000年代初頭にアメリカで、何週間もかけてロングトレイルを歩くハイカーの間から生まれたムーブメントだそうです。最近は日本でも、山を歩いていると「いったいこれはどこのメーカーだろう?」という珍しいザックを背負っている人を見かけますが、調べてみるとたいてい軽量化に力を入れているガレージブランドのもの。

ガレージブランドとは、いわば町工場のような規模で物作りをしている小さなメーカー。ハイカーの要望を取り入れて、少量で物作りをしているようなブランドが国内外に数多くあります。

そういった小さなブランドが手がけているウルトラライト系のザックは、本格的な登山の時だけでなく、旅行や子どもとのお出かけの時にも便利そう、ということに最近気がつきました。そこで訪れたのが、日本でウルトラライト系のギアを扱う代表的なアウトドアショップ、三鷹市にある「ハイカーズデポ」。こちらで私も、日常使いできるウルトラライト系ザックを購入しました。

大きなポケットが使いやすい超軽量ザック

私が今回購入したのは、ハイカーズデポのオリジナル。ジマービルトというアメリカの小さな工房に、ハイカーズデポが別注して生産している「パイカパック」というザックです。

こちら、ザックの重さは340gと超軽量。中に入る最大容量は35L。同じくらいの大きさの一般的なザックはだいたい1kgを超えていると思いますので、とても軽いです。アルミフレームやウエストベルトがついておらず、必要最低限のシンプルな作りであることと素材の進化により、この軽さが実現できているとか。

このバックパックを使ってみて、もっとも便利な点は、外側につけられた大きなメッシュのポケットです。このポケット、子どもの上着を入れたり、水筒やお菓子、タオル、ティッシュペーパーなど、頻繁に出し入れするものを入れておくと本当に便利なのです。

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

相馬由子

ライター

Yuko Soma

1976年、埼玉県生まれ。夫と5歳の娘との3人暮らし。編集プロダクション、広告系出版社を経て独立。ウェブ、雑誌、書籍などで編集、執筆を手がける。最近では、子育て、アウトドア、旅、食などのテーマを担当することが多い。合同会社ディライトフル代表。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン