知って得するもらえるお金

医薬品を買えば税金が安くなる新制度が来年スタート! 

収入が増えない時代、せめて税金が安くなるとうれしいですよね。明日11日からは「税を考える週間」。

私たちにもできる節税方法のひとつが「医療費控除」です。妊娠・出産や保険がきかない歯の治療、不妊治療などで多額の医療費を払った人が確定申告をすれば、控除を受けられて払い過ぎた税金が戻ってくるというのがそれ。ただ、従来の医療費控除は、年間に支払った医療費が10万円以上(所得が200万円未満の人ならその5%以上の金額)でないと受けられませんでした。

でも2017年1月からは、それに加えて新しい控除の仕組み「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」が始まります(2021 年12 月31 日まで)。簡単に言うと、年間で1万2000円を超えるOTC 医薬品(スイッチOTC 医薬品)を購入した場合、超えた金額分の税金を安くしてくれるという制度。OTC医薬品とは、医師に処方される医療用医薬品を、ドラッグストアで購入できるように転用(スイッチ)した一部の医薬品のこと。2017年からは薬のパッケージにこの税制の対象になるというマークがつく予定なので目印にして。

%e3%83%91%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%b3
対象製品のパッケージには順次、セルフメディケーション税制マークが付いていく。マークの場所は商品によって正面、天面に分かれており、必ずしも正面にはないそうなので、気をつけてチェックを。写真は対象となっている大正製薬のパブロンシリーズ

対象となる薬は、風邪薬、胃腸薬、解熱鎮痛剤、花粉症用の鼻炎薬や目薬など、普段よく買うものも多いのです。ただし、この制度を利用するには確定申告が必要なので、買った時のレシートは必ず取っておきましょう。

暮らしのヒント/マネー 最新の記事

マネーをもっと見る

Writer Profile

松崎のり子

消費経済ジャーナリスト

Noriko Matsuzaki

消費経済ジャーナリスト。雑誌編集者として20年以上、貯まる家計・貯まらない家計を取材した経験から、貯蓄や節約のアドバイスを行う。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

CLIPすると何ができるの?
あなただけのお気に入り記事リストが作れます
時間がなくて後で読もう、という時にも便利!

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン