うっかり未納になりやすい女性の年金に注意!

女性はライフイベント時の、年金の種類変更に要注意!

年金に対する不信感はまだまだ強いようです。30代40代の人たちと話した時にも、「どうせもらえないから期待しない」という声を多く聞きました。

とはいえ、公的年金は老後の収入として欠かせないものです。現在の高齢者の7割近くが収入の80%以上を年金に頼っているとの調査もあり(厚生労働省「国民生活基礎調査」平成27年より)、この先、受給額や受給開始年齢に変動があっても、もらえる権利はしっかり確保し、できる限り減らさない工夫が必要でしょう。

平成29年8月1日に将来年金を受け取るために必要な保険料納付期間が、それまでの25年から10年に短縮されました。しかし、資格があっても保険料の未納期間があると、将来もらえる金額が減ってしまうことになります。特に女性の場合は、家族のライフイベントに応じ年金の種別が変わりやすいので、変更の手続き漏れがないかをその都度確認した方がいいでしょう。

例えば、結婚して会社員の夫の扶養に入り第3号被保険者になっていた妻の場合、夫が会社を辞め、その後再就職したケースでは、失業中は夫婦ともに第1号被保険者に変わります。手続きをせず、国民年金の保険料を納めないでいると、未納期間が発生してしまうのです。また、夫が定年退職したのち再就職しなかった、あるいは社会保険に加入しないパートなどで働くことになった場合も、妻が60歳未満なら第1号への変更が必要です。

メール募集

「暮らしのヒント」では、LEEで活躍中のライターが、
日々の暮らしに役立つ記事をお届け中。
「○○さんの××の記事がよかった!」などご意見、ご感想や「こんなことで悩んでます」「あのことが知りたい!」など、読みたいテーマのリクエストも大歓迎です!

メールを送る

暮らしのヒント/マネー 最新の記事

マネーをもっと見る

Writer Profile

松崎のり子

消費経済ジャーナリスト

Noriko Matsuzaki

消費経済ジャーナリスト。雑誌編集者として20年以上、貯まる家計・貯まらない家計を取材した経験から、貯蓄や節約のアドバイスを行う。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン