映画ライター折田千鶴子のカルチャーナビアネックス

これぞ究極のアンチエイジング映画! 松坂桃李さんが『娼年』で“妖艶な娼夫”を熱演!

小説から舞台、そして映画へ

LEE読者の皆さんの中にも、朝の連続テレビ小説「わろてんか」を、ヒロインの“包容力のある優しい夫”を演じた松坂桃李さん目当てで楽しみにされていた方も、かなり多かったのでは!?

そんな松坂さんが爽やかな朝の顔から夜の顔へと大変身し、文字通り体当たりで熱演されている映画『娼年』が公開になります。

1988年10月17日生まれ、神奈川県出身。
09年、「侍戦隊シンケンジャー」に主演で俳優デビュー。主演映画『ツナグ』『今日、恋をはじめます』(共に12) などで注目され、同年の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」でお茶の間でもブレイク。『マエストロ!』『エイプリルフールズ』『日本のいちばん長い日』(全て15)、『湯を沸かすほどの熱い愛』(16)などで演技派俳優の地位を確立する。他の代表作に、ドラマ「視覚探偵 日暮旅人」(15~)「ゆとりですがなにか」(16~)、映画『キセキ -あの日のソビト-』『ユリゴコロ』『彼女がその名を知らない鳥たち』(全て17)、『不能犯』(18)など。公開待機作に『孤狼の血』(5月公開)がある。  ヘアメイク・高橋幸一(Nestation)/スタイリスト・ 伊藤省吾(sitor)/撮影・梅村駿

ご存知の通り原作は、01年に直木賞候補となった石田衣良氏の同名小説。その小説が何と15年の時を経た一昨年、舞台化され、大きな話題を呼びました。

だって人気俳優の松坂桃李さんが、女性たちの欲望の世界へ踏み込んでいく“娼夫”リョウを、一糸纏わぬ姿で演じたのですから!! もちろん話題は大沸騰、チケットは即時完売となりました。

残念ながら私自身は舞台を観る機会を逃しましたが、観劇したLEEの副編集長は、「とにかく松坂くんの体の張り具合いがスゴかった、息を詰めて見守ったわ……」と呆然としていました。その反応が示す通り、評判が評判を呼び、連日当日券を求める人々が長蛇の列をなしたそうです。その伝説の舞台が、監督・三浦大輔×主演・松坂桃李のコンビ続投で、完全映画化されたのです!

 

『娼年』
4月6日(金) TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー
企画製作・配給:ファントム・フィルム
©石田衣良/集英社 2017映画『娼年』製作委員会

http://shonen-movie.com/

 

監督と再び“共犯関係”になろうとしました

当時の舞台を松坂さんは「無の境地になった」と振り返りますが、そこまで突き詰めて演じた役を、再び映画として再構築して演じるというのは、とてつもない作業に違いありません!

「僕も三浦さんも、舞台で全てを出し切った後の脱力感がすごくて、映画化に当たってもう一度“ヨッコラショ”と掘り起こすのは、非常に難しかったですね。でも2人で飲みにいって、“映画、やるよね?”“監督もやりますよね?”“ふむふむ”みたいな感じで、“お互い、もう一度共犯関係になろう”というところから、再度モチベーションを作り上げていきました」

――激しいラブシーンもあるリョウという役がオファーされた当時は、戸惑いましたか?

「映画で続投できるのは、もちろん純粋に嬉しかったですが、舞台の時も、こんな役が来てくれてラッキーだと思いました。この年齢で、今しかできない役、そんな作品が、自分に回って来るなんて、なんて運がいいんだ、と。30代になるに当たり、色んな色の作品に踏み込んで行くことが必要な時期だと思っていましたし。お陰様でこの舞台以後、いただくお仕事が少し変わったな、と自分でも思いますね。すごい挑戦を担う重みも感じましたが、 “重圧は監督と半分こで”と思いながら監督を信頼し、臨みました」

――そして撮影の約3週間、渋谷のビジネスホテル暮らしをされていたそうですね?

この作品の集中の仕方は、それくらいして丁度いいかな、と。自分のオンオフのスイッチを、普段は家に帰ることでオフにするのですが、ほんのちょっとだけオンにしたままで居続けるのが丁度いいかな、と」

 

暮らしのヒント/ひとり時間 最新の記事

ひとり時間をもっと見る

Writer Profile

折田千鶴子

映画ライター/映画評論家

Chizuko Orita

1968年、栃木県生まれ。LEE本誌で映画&DVD紹介頁やインタビューを担当。その他、新聞・週刊誌・雑誌などで映画コラムや批評、取材記事を執筆。夫と8歳の双子男子と愛犬の、4人1匹暮らし。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン