古川はる香

雨でも親子で楽しめる!『京王あそびの森 HUGHUG(ハグハグ)』を体験

気温も上がりすっかり春めいてきました! しかし「春休み」にブルーな顔の母たちも少なくないのでは?

そんな親を救う!? 全天候型の遊戯施設『京王あそびの森 HUGHUG』(以下『ハグハグ』)が3月13日、京王線・多摩動物公園駅前にオープン。0歳から小学生の子ども向けのこの施設、子どもだけでなく子どもとのお出かけでぐったりしがちな親にもうれしいポイントがいっぱいとか!? プレオープンにお邪魔してきました。

 

とにかく広い! 国内最大級規模の敷地面積

最寄り駅は京王線・多摩動物公園駅。駅に着くと目の前に『ハグハグ』の建物が見えます。

敷地面積は約2900平方メートルあり、同じような子ども向けの全天候型遊戯施設の中では国内最大級!

 

 

チケットを購入して入場すると、まず下駄箱が。施設内には靴を脱いで入ります。

下駄箱には駅で見かける京王線の出発案内も。いちいち電車の時刻を調べなくてもいいのはありがたいですね。

 

敷地が広ければ、遊具もBIG! 建物の真ん中にあるネット遊具「ハグハグのき」は高さ約12m、直径約15mと日本最大級。

建物の2階から中に入って遊びます。
下から見るとこんな感じに。ネット内にバランスボールがあったり、いろいろな遊び方が。

 

木を使ったぬくもりあふれる空間

施設のコンセプトは「木育」「体育」「知育」。それだけに木の遊具もいっぱいです。

木のおもちゃがたくさん揃っているのは、たっち前の赤ちゃんも遊べる乳児向けの木育スペース「はいはいパーク」。

眺めているだけでもほっこりする木のおもちゃ。

 

幼児向けの木育スペース「きりかぶハウス」には、地元・多摩産の杉やヒノキを使った木の遊具が。

ままごと用の食器や食材なども、木でできたものに。
木のボールプールも!

 

体育スペースの「もりのあそびば」にも大きな木の遊具が。さらに屋外の「ぼうけんのもり」へと続きます。

この大きな遊具も多摩産の木材で作られているそうです。
屋外の「ぼうけんのもり」にはターザンロープもありますよ。

 

大人もゆったりくつろげる!

ふと見ると、施設内のあちこちにイスが。

これは大人のための休憩スポットなのだそう。

『ハグハグ』は「保護者も子どもを遊ばせながらくつろげる」ことを考えて作られており、こういった休憩スポットが施設のあちこちに。

屋外の「ぼうけんのもり」の様子も見ることができるスポット。

 

2階のワークショップスペース「おひさまラボ」にも、中の様子を眺めながら休憩できるイスが。

子どもはめいっぱい自由に遊び、保護者は危険がないよう目は離さず、でもゆったりできるという工夫はとてもありがたいですね。

 

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

古川はる香

ライター

Haruka Furukawa

1976年大阪府生まれ。雑誌・Web等でライフスタイル、カルチャー、インタビュー記事を執筆。現在のライフテーマは保活と地域のネットワークづくり。家族は夫と5歳の娘。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン