上紙夏花

バーミキュラの鋳物ホーロー鍋がスゴイ!素材の旨みを引き出す無水調理に挑戦

2,3年前から気になっていたお鍋、バーミキュラがついに我が家にやってきました!バーミキュラといえばライスポットが大人気ですが、ブランドの始まりであるお鍋、オーブンポットラウンドをまずは試してみたいと購入しました。先日、TV番組でバーミキュラの製造販売元である、名古屋の愛知ドビーのことをやっていて、商品開発や製造工程、カスタマーサポートの熱心なスタッフの姿を目にして、感動しました。一緒に観ていた主人が「これ欲しい!」と言ったのが決め手となりました。

 

私が購入したのは、オーブンポットラウンド 22cmのパールグレーです。名前を入れてもらうこともできたのですが、今回は早く届くように名入れはナシで。たくさんのメニューが掲載されたレシピ本も同梱されていて、すぐに料理したいと思わせてくれました。

 

サイズは14cm、18cm、22cm、26cmがあります。購入にあたってサイズで悩みましたが、ほかに持っている鍋の大きさや家族4人の食べる量などを考慮して、22cmにしてみました。重いだろうな…と覚悟していましたが、重さはあるものの洗うのが大変というほどではなかったです。コピー用紙1枚も通らないほど、蓋と本体の隙間がなく、ピッタリと密着します。だから無水調理ができるんですね。無水調理のカレーがとてもおいしいと聞いて、初挑戦はカレーに決定しました!

 

 

野菜嫌いの次男にも大好評の野菜たっぷりカレー!

 

 

まずは無水調理のカレーから。ルーを入れる前の状態が上の写真です。野菜のいい香りが立ち上って、たくさんの水分が野菜からしみ出しています。試しにスープを味見してみると、もうこれだけでも十分おいしい!コンソメも入れてないのに野菜の味がしっかりしています。

 

ルーを溶かし込んだら、もう余熱で大丈夫です。野菜嫌いで困っている次男に食べさせてみると…野菜の形が見えていても、食べてくれました!こんなに野菜が甘くなるなら、スープのままでも食べてくれるかも!

 

 

 

豚の角煮は圧力鍋で作るものという固定観念があった私。バーミキュラの角煮のレシピを見て、「本当に火調節もしないでこんなにほぼほったらかしで、柔らかくておいしい角煮ができるの?」と半信半疑でした。でも!できちゃいましたー!!

 

柔らかくほどけるような角煮に、しみしみ大根、トロトロねぎ、味玉も最高!500gあった角煮があっという間に家族のお腹の中に収まってしまいました。「家で角煮を食べるのが夢だったんだよな~」という主人に「え!?そうだったの?初耳だよ。言ってくれたら作ったのに…」と返しておきながら、心の中では「バーミキュラがなかったら無理だったわ!」とつぶやく私でした(笑)。

 

暮らしのヒント/家事 最新の記事

家事をもっと見る

Writer Profile

上紙夏花

ライター

Natsuka Uegami

1977年大阪府生まれ。吉本新喜劇の女優を経て、ライターに。現在は化粧品の商品開発やPRを手掛けるほか、ベビーマッサージ講師としても活動している。夫・息子6歳&1歳。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン