新米ママの中古マンションリノベーション日記

床と壁の張り替えでイメージ一新!【新米ママの中古マンションリノベーション日記 第10回】

築30年の中古マンションを購入して、リノベーションに挑戦。

プラン作りにも設備選びにも時間がかかってしまった私たちでしたが、たくさんのプロの力を借りて、どうにか前進することができました。(*前回の記事はこちら)。

 

部屋全体の印象を決めるのは床と壁!?

 

私たちの場合、設備選びにおいて、キッチンの次に悩んだのは、床と壁でした。

床と壁って、空間の中でも広い面積を占めるものですよね。

本やショールームでは、「部屋全体の印象を決めるもの」という言葉を見かけたことも。

それは大事! ついつい肩に力が入ります。

 

実は最初、夫婦でイメージしていたのは、ウォールナットの床×白い壁でした。

落ち着いた高級感のある雰囲気に、と思っていたのですが、いろいろ考えていくうちに「子どもが小さいうちは、明るい空間で暮らすのもいいかも?」という案も浮上。

途中から、オークやメイプルといった明るいブラウンも候補に飛び入りです。

 

キッチンの扉をマットホワイトにすることが先に決まったので、ショールームでそれと近い場所にサンプルを置かせてもらってイメージ。

壁については、「迷わず白!」と思っていたものの……ショールームに行ってみると、そのバリエーションの豊かさにビックリ!

柄が入っているもの、いないもの、黄味がかった白、青味がかった白、と多種多様。

単独で見るとどれも“白”なんですが、並べて比べるとやっぱり違います。

 

ショールームの方によると、ベーシックなクロスには大きく分けて“織物調”と“石目調”があり、どちらかというと織物調は温かみがあってナチュラルな印象、石目調はクールでモダンな印象になるのだとか。

なるほど~。これまであまり意識したことはなかったけれど、確かにその通りで面白い!

 

設計をお任せした”チーム匠”が、工事中の新居の一角に貼ってくださった候補の壁紙サンプル。「昼、夜、どちらも見比べるといいですよ」とのアドバイスも。

 

床材も壁材も、サンプルをもらって、工事中の新居に持って行ってみたり手持ちの家具と並べてみたり。

決定までの間は、寝ても覚めても「ゆかゆか」「かべかべ」。

駅でプラットフォームの模様を見て、夫に「ねえ、この床可愛くない!?」と興奮気味に告げ、「いやそれ、住宅用じゃないから!」とツッコまれたことも(笑)。

 

ちなみに、私の頭の中がフローリングやクロスといった内装系のことでいっぱいだったこの頃、夫の頭の中は配線や照明といった電気系のことでいっぱいだったようでした。

夫婦で、興味があってこだわりたい部分、相手に任せたい部分が違っていたため、役割分担ができたのはラクだったかもしれません。

 

暮らしのヒント/子育て 最新の記事

子育てをもっと見る

Writer Profile

藤本こずみ

ライター

Kozumi Fujimoto

1979年兵庫県生まれ。雑誌を中心に、インタビュー、ライフスタイル、占いなどの記事を担当。

家族は夫と2歳の息子。“東京で仕事”と“関西で育児”の二拠点生活に挑戦中。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン