古川はる香

「子連れでも車がなくてもスキーに行きたい!」~札幌編~

娘が「スキーに連れてって」

幼少期から運動とは縁遠く、走れば遅く、泳げば溺れ、投げれば飛ばぬ。それが私。

そんな私が唯一人並みにできるスポーツがあります。それはドラマ『最高の片想い』にあこがれて、大学時代にサークルに加入していたスキー!

社会人になってからは数えるほどしか滑っていませんが、このところ世の中のスキー熱が再燃している気が。娘も5歳になり、ぼちぼち一緒に滑れるかも?と思っていた矢先、仲良しのお友達がスキーに行ったそうで、娘から「足に板つけて滑るやつ、やってみたい」との言葉が。

それならば!とスキー旅行計画を立てようとしましたが、わが家にはスキーに行くために重大な問題があったのです。

 

ーー車の運転ができない!!!

 

私も夫も免許を取得した瞬間からのゴールドペーパードライバー。ご存知かと思いますが、スキー場は車でないとアクセスしづらいところが多い。高速バスや路線バスを駆使する方法ももちろんありますが、未就学児連れにはハードル高め。

とはいえ新幹線駅からすぐ!のようなスキー場だってあるわけで。「車がなくても子連れで行けるスキー場を探そう!」と決意して、あれこれリサーチを進めていきました。

 

 

そして、わが家が到着したのは…

向こうに見えるのは、さっぽろテレビ塔。テレビ塔の西側には大通公園が続いています。

自宅を出発し、飛行機に乗り、やってきました北海道。

北海道ならニセコ、キロロ、トマムと数々のスキーリゾートがあるわけですが、わが家の宿泊先はまさかの札幌市のど真ん中・すすきの。

 

夫の「スキーだけじゃなくて普通の観光もしたい」というリクエストにより札幌宿泊をセレクトしたのですが、そこは雪国・北海道。すすきのからも余裕で日帰りできるスキー場がいくつもありました。今回私が選んだのは地下鉄円山公園駅から路線バスで15分ほどのところにある「ばんけいスキー場」です。

札幌に到着した翌日、すすきのでランチを食べた後、スキー場へ向かいました。ランチ後でもさくっとスキーに行けちゃうなんて、感動です!

 

地下鉄&路線バスでスキー場に到着

 

円山公園駅内の通路。円山動物園の最寄り駅でもあるため、動物のモチーフが!(円山動物園にパンダはいませんが……)

円山公園駅のバス停から路線バスに乗車。大きな待合所があり、わかりやすいです。

「ばんけいスキー場」の文字が。スキーウェアを着た旅行客と思われる海外の方も何名か同じバスに乗車。

円山公園駅を出発すると、あたりはどんどん真っ白な世界に。スキージャンプの競技場も見えて気持ちも高まってきます。

バスに乗ること15分。無事に「ばんけいスキー場」バス停を下車。

 

暮らしのヒント/おでかけ 最新の記事

おでかけをもっと見る

Writer Profile

古川はる香

ライター

Haruka Furukawa

1976年大阪府生まれ。雑誌・Web等でライフスタイル、カルチャー、インタビュー記事を執筆。現在のライフテーマは保活と地域のネットワークづくり。家族は夫と5歳の娘。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン