クリスマスにむけてスノーボウルのご紹介

 

12月になりました。
今年も残すところ あと一ヶ月。
街なかはすっかりクリスマス色ですね。
ホームパーティーなどイベントを企画されている方も多いのでは・・・
気忙しい日々ながらも、この一年を締めくくる楽しいひと月になりそうですね。

12月のレシピは、雪の季節にちなんで、クッキーのなかでも人気の ”スノーボウル” から。
フランス語で  ”ブールドネージュ”(雪の玉) という名前でも おなじみのクッキーです。

さくさく、ほろほろの食感、口どけのいい生地に 香ばしいくるみがアクセントのスノーボウル。
今回は基本のレシピです。
このコーナーでも いくつかアレンジ版をご紹介してきましたが、どのスノーボウルも このレシピがベースになっています。

シンプルな材料で作り方も簡単。
初めてお菓子を作る方にもおすすめのクッキーです。
ぜひ、マスターしてくださいね。

 

 

スノーボウル

【材料】 約35個分

・ 無塩バター 60g
・ 粉砂糖 15g
・ 塩 ひとつまみ
・ 薄力粉 35g
・ コーンスターチ 35g
・ アーモンド粉 35g
・ くるみ 40g

・ 粉砂糖 適量

*まぶす粉砂糖の甘さの分、クッキー生地は甘さ控えめです。薄くまぶして仕上げるときは、生地の粉砂糖を20gにします。

 

【作り方】

*薄力粉、コーンスターチ、アーモンド粉を合わせてよく混ぜておく
* くるみは刻み、軽く色づくまでローストする。(150℃ 6~7分)

① ボウルにバターを柔らかく練り、粉砂糖、塩を加えて泡立て器ですり混ぜる。

② (a)を振るい入れ、くるみも加えてゴムベラでさっくりと混ぜる。

③ 全体に混ざったら、手で生地をボウルに押さえつけるようにしてひとまとまりにする。

④ 生地を2cm弱に小さく丸め、オーブンシートをしいた天板に並べる。170℃に温めたオーブンで13~15分ほど焼く。

⑤ 網にシートごと移して冷ます。袋に粉砂糖を入れ、クッキーを5~6個ずつ入れてまぶす。

 

 

 

製作・撮影/八田 真樹
お菓子研究家。短大卒業後、会社勤めを経て幼い頃から好きだったお菓子の道へ転身。フランスに留学、ル・コルドン・ブルー パリ校卒業。ルノートル、ベルーエ・コンセイユなどでも学ぶ。著書に『フラン』『ケーク・サレ』(共に文化出版局)、『野菜・豆・果物のヘルシーお菓子』(扶桑社)、『板チョコスイーツ』(主婦と生活社)などが。

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

八田真樹さんの絶品スイーツ 最新記事

八田真樹さんの絶品スイーツをもっと見る

Writer Profile

八田真樹

お菓子研究家

Maki Hatta

旬の食材を取り入れた、手軽でおいしいスイーツのオリジナルレシピをお届けします。季節感あふれるスタイリングも、ぜひお手本に。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン