ざくざく木の実のグラノーラを手づくり!

 

 

11月ももうすぐ終わり。
そろそろ近づく冬の気配を感じつつ、まだ もう少しおいしい秋を楽しみたいところ。

秋の味覚といえば木の実もそのひとつ。
今回はざくざく木の実のグラノーラです。

ここ数年、グラノーラが人気で、おうちで手作りされる方も多いですね。
混ぜて焼くだけのシンプルな工程も魅力のひとつです。

ナッツもドライフルーツもお好みのもので。
季節のものや、そのときおうちにあるもの、お菓子をつくって残ったものを気ままに入れてますが、私のマストアイテムはオレンジピール。

毎年オレンジの皮をリキュール漬けにしていて、レーズンと一緒に このオレンジピールも入れるのが定番です。
もちろん市販のオレンジピールでいいし、グランマニエやコアントローなどのリキュールと和えてから加えても。
香りのいいグラノーラができあがります。
(リキュールをふったオレンジピールはあまり日持ちしないので、食べるときに加えてください。)

みなさんもお気に入りの組み合わせでお楽しみくださいね。

 

 

 

 

グラノーラ

【材料】

・ オートミール 100g
・ スライスアーモンド 50g
・ くるみ、カシューナッツ (お好みのナッツ) 50g
・ アーモンド粉 40g
・ 塩 少々
・ オリーブオイル 30ml (お好みの油でOK)
・ メープルシロップ 70g
・ レーズン 60g
・ オレンジピール(シロップ漬)  30g

 

【作り方】

* くるみ、カシューナッツは150℃に温めたオーブンで軽く色づくまで8~10分ほどローストし、ざっと刻む。

* オレンジピールは刻む。

① ボウルにオートミール、スライスアーモンド、刻んだナッツ、塩、アーモンド粉を入れてよく混ぜる。

② 油を加えてよく混ぜ、全体になじんだらメープルシロップを加えてよく混ぜる。

③ ②をオーブンシートをしいた天板に薄く広げ、平らにならす。150℃に温めたオーブンで15分焼く。一度取り出し、全体をほぐして混ぜる。再びオーブンに戻して15分焼く。

④ 全体にこんがりと焼き色がついたらそのまま冷ます。レーズン、刻んだオレンジピールを加えて混ぜ合わせる。

 

 

製作・撮影/八田 真樹
お菓子研究家。短大卒業後、会社勤めを経て幼い頃から好きだったお菓子の道へ転身。フランスに留学、ル・コルドン・ブルー パリ校卒業。ルノートル、ベルーエ・コンセイユなどでも学ぶ。著書に『フラン』『ケーク・サレ』(共に文化出版局)、『野菜・豆・果物のヘルシーお菓子』(扶桑社)、『板チョコスイーツ』(主婦と生活社)などが。

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

八田真樹さんの絶品スイーツ 最新記事

八田真樹さんの絶品スイーツをもっと見る

Writer Profile

八田真樹

お菓子研究家

Maki Hatta

旬の食材を取り入れた、手軽でおいしいスイーツのオリジナルレシピをお届けします。季節感あふれるスタイリングも、ぜひお手本に。

“最新”の記事

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン