万年腰痛と初めてのぎっくり腰

「筋膜リリース」ポーズを徹底解説!ぎっくり腰、万年腰痛に効く!おすすめポーズ

筋膜リリースには、こんなプラスの効果も!

 内臓が正しい位置に収まる
筋膜は全身をおおうボディスーツのようなものなので、型崩れがなおり、それに引っ張られて内臓下垂も解消。下腹ぽっこりや便秘がなおることも!

 血液・リンパの流れがよくなり、冷えやむくみが取れやすく
筋膜のねじれでつぶれた毛細血管が筋膜リリースで元に戻ると、血液が一気に流れだす! リンパの流れがよくなり、冷え・むくみなどが改善する。

 自律神経のバランスが整い、不眠やストレスも改善
筋膜リリースにより、緊張状態の体がリラックスすることで、自律神経のバランスが整い、免疫力もアップ。全身が好循環するので、不眠なども解消。

 関節の可動域が広がって柔軟性アップ
縮こまった筋膜をゆっくり押しのばすことは、全身の緊張や硬さを取るのにも効果大。筋トレやスポーツをするときのパフォーマンスも上がります。

 

正しく効果を上げる 筋膜リリースのポイント

 点ではなく「面」で圧迫

筋膜は網目状に入り組んでいるので、点で押さえると効果減。めん棒でのばすイメージ(右)で、面で広く押さえること。刺激が深層部の筋膜にも伝わり、しこりやねじれを解消できます。

 

 押す・揉むではなく「押しのばす」

筋膜は薄い膜なので、強い力で揉むのは逆効果。筋膜のしこりやねじれが取れるどころか、緊張してより縮こまってしまうことも。じんわりと力をかけて押しのばしましょう。

 

 呼吸を止めずに行うこと

呼吸を止めてしまうと、体が緊張して筋膜が緩みにくくなります。深く呼吸をしながら、ゆっくりのばすことで体がリラックスして、筋膜ものびやすく。

 

 ひとつの動きで「10秒」のばす、が目安

10秒は意外と長く感じるかもしれません。でもゆっくり10秒のばすことで、筋膜の表層部だけでなく深層部までしっかりのばすことができ、リリースの効果が高まります。

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

今日のLEE 最新記事

今日のLEEをもっと見る

Writer Profile

今日のLEE

Today's LEE

ファッション、ビューティ、ライフスタイル、料理、インテリア…すぐに役立つ人気コンテンツを、雑誌LEEの最新号から毎日お届けします。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン