LEE名作レシピ集

なかしましほさんのひんやり夏のおやつ

「昔ながらのプリン」レシピ/なかしましほさん

昔ながらのプリン

「イメージは以前働いていたレストランのベトナムプリン。コンデンスミルクが濃厚な風味のポイントです」(なかしましほさん)

「昔ながらのプリン」レシピ/なかしましほさん

しっかり硬めでコクのあるプリンは、なかしまさんちの夏の定番おやつ。体に優しくてじんわりおいしい、そんな夏のおやつが基本です。

材料・直径7㎝のプリン型3個分

  • 全卵……1個
  • 卵黄……2個分
  • コンデンスミルク……50g
  • 牛乳……150㏄
  • [カラメル(作りやすい分量)]
    • キビ砂糖……大さじ3
    • 水……大さじ1
    • お湯……大さじ1

作り方

下準備

  • 蒸し器の用意をする。ル・クルーゼのような深めの鍋にお湯を少量沸かしてもOK。安定が悪ければ平皿や蒸し皿を置く。
  • フタにはフキンをかませる。

作り方

  1. カラメルを作る。小鍋にキビ砂糖と水を入れ中火にかけ、揺すりながら砂糖を溶かす。煙が出て香ばしく色づいたら火を止め、鍋肌からお湯大さじ1をそっと加えてフライパンを揺すってゆるめる。すぐに型に流し入れ冷ましておく。
  2. プリンを作る。ボウルに材料をすべて加え泡立て器でよく混ぜる。ザルなどでこして、型に等分に流し入れる。
  3. 蒸気の出た蒸し器に型を並べ、ごく弱火で15~20分ほど蒸す。竹串を刺してみて、ドロッとした液体が出てこなければ出来上がり。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

なかしましほさんの「カラメル」の作り方のPoint!

小さめのフライパンでキビ砂糖と水を入れ中火にかけ、揺すりながら砂糖を溶かしカラメルを作る写真

砂糖を溶かして、煙が出て、茶色くなったらお湯を入れるポイント。

なかしましほさんの「昔ながらのプリン」の作り方のPoint!

型に入れたプリンを蒸し器に並べ、フキンをかませたフタをする写真

お湯は型の半分くらいの高さに。火が強過ぎるとすが入るので注意。


2011年08月号【なかしましほさんのひんやり夏のおやつ】より

撮影/広瀬貴子 スタイリスト/朴 玲愛

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

LEE名作レシピ集 最新記事

LEE名作レシピ集をもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

go to top