保湿トーンアップ下地で、秋冬もくすみ肌が透明感肌へ

ドクターが指南! “乾燥くすみ”の正しいケア

敏感になりがちな秋に肌悩みを抱えるLEE世代が急増中!

夏に浴びた紫外線の影響や急激な湿度の低下により、肌の不安定要素が増える秋。取り入れるべきケア方法を専門医に取材しました。

教えてくれたのは!

タケダビューティークリニック武田りわ先生タケダビューティークリニック 武田りわ先生

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。福岡のクリニックにて皮膚科・美容皮膚科と漢方や栄養療法を取り入れた総合治療を行う。予防医学に精通。

教えて! 乾燥くすみの原因とケア

Q:季節の変わり目に肌が不安定になるのはなぜ?

A:気候や生活リズムの変化、食生活の影響が考えられます

夏から秋にかけ、高かった湿度が急激に低下。この急速な変化は肌にとてもストレスをかけます。次に生活のリズムの変化。夏の旅行や帰省で普段と違う生活リズムで過ごすと体調を崩しやすく、肌にも影響が出ます。また夏場に食欲が落ちて偏食すると栄養が不足しがちに。タンパク質やビタミンが足りなくなると、肌ダメージが出やすくなります。

Q:疲れていないのに「疲れている?」と聞かれてしまいます。その原因は?

A:潤いや透明感がなくなり、肌が暗く、くすんで見えるせい

ずばり、肌のくすみが原因だと考えられます。肌くすみとは、キメが乱れ、潤いや透明感がなくなり、肌が暗く見える状態のことをいいます。顔色が悪く、どんより見えるせいで、「お疲れ顔」になってしまうのです。

疲れていないのに「疲れている?」と聞かれたことのある人が約6割。敏感肌だと約9%も高く指摘される傾向に。
出典:「ラ ロッシュ ポゼ調べ」

Q:秋冬のくすみ肌の原因は?

A: 夏のダメージの蓄積と乾燥や血行不良によるもの

紫外線を浴びた肌には茶色いメラニンが蓄積されます。またメラニン量は少なくても乾燥により肌の代謝が乱れ、古い角質がはがれないとくすんだ印象に。さらに乾燥が進むとキメが乱れ、光が乱反射して明るさを失うため、くすみを感じやすくなります。体の冷えや運動不足、ストレスからくる血行不良も原因のひとつです。

乾燥により、キメが乱れると肌内部の水分が蒸散しやすく、かつ外部からの刺激を受けやすくなります。それによりターンオーバーが乱れ、水分を保持できない未熟な細胞が生み出され、ますますくすんだ印象に。
出典:「ラ ロッシュ ポゼ調べ」

Q:くすみ肌はどんな対策をすればいいですか?

A: 敏感肌用の下地で保湿とくすみカバーを

肌が敏感な状態だからと何もつけないで過ごす方もいらっしゃいますが、それでは外部刺激をダイレクトに受けてしまいます。角層に潤い成分を保った状態にすることで乾燥を防ぐと同時に、外部刺激からも肌を守ることが大切です。トーンアップ効果のある下地を使えば、くすみカバー対策にもなります。

チーク、ハイライトを入れる…19.6%
フェイスマッサージを行う…18.5%
何もしない…17.4%
乾燥くすみ対策に保湿を挙げている人は約半数。それに加えて、ファンデーションや下地などのベースケアで肌色補整を行えば、対策はばっちり!
出典:「ラ ロッシュ ポゼ調べ」

Q:日差しが弱くなる秋冬はUV対策をしなくてもいいですか?

A:シミやシワを引き起こすUVA波対策は一年中、必要

くすみや乾燥、シミ、シワ、たるみを引き起こす波長の長い紫外線A波は一年中、降り注いでいます。紫外線A波は曇りの日でも室内にいても肌の奥にまで届くので、年間を通して対策することが大切です。紫外線防止効果のある下地も今はたくさんありますので、そちらを活用するのもオススメです。

データはラ ロッシュ ポゼ調べ:インターネット調査2019年6月7日~6月10日(n=1000)

PICK UP! 最新記事

PICK UP!をもっと見る

SPECIALをもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン