ホテルに何着てく?40代のきれいめコーデ。川口ゆかり

おはようございます。

ライター川口ゆかりです。

 

 

お盆休みが終わり、今日から出社という方も多いのではないでしょうか。

 

 

私も主人も実家が比較的近く、帰省がないうえに仕事は山積み…。そんなわけで、今年は都心にあるホテルでゆっくりと過ごすことにしました。

向かった先は『ザ・ペニンシュラ東京』。濃厚なマンゴープリンやアフタヌーンティーでも有名ですが、実はアメリカの権威ある「フォーブス・トラベルガイド」で2016年から4年連続で最高ランクの5つ星を獲得している格式高いホテル。東京メトロ日比谷駅に直結しているので、ベビーカー移動の乳幼児ママ世代にも強い味方ですよね。

そんな『ザ・ペニンシュラ東京』のスイミングプールで子どもたちと一緒に泳いだり、お部屋でゆったりとバスタブに浸かったり、誰にも急かされることなく食事を楽しんだり…。家事を忘れて、ゆっくりと羽を伸ばしました。

 

 

ガミガミ言わない休日。

まさに最高の休息!

 

 

子連れ都内ホテルステイが想像以上に素晴らし過ぎて!ここでは魅力を伝えきれないので、暮らしのヒントでまた改めてお伝えしたいと思います。

 

ニュートラルな色×旬要素でトレンド感と女らしさを牽引

ラグジュアリーなホテルとはいえ、肩肘はらず、でもきちんと感は持ち合わせていたいから、ホテルにはお気に入りのリネンジャケットを持参しました。

 

年齢を重ねるとともにだんだんと服装がカジュアルになってきている私にとって、今っぽさときちんと感が出せるジャケットは、ヘビロテアイテム。

柔らかなベージュのタンクトップと白のワイドパンツで作るニュアンスワントーン。肩にさらっとかけたジャケットが、いつもの着こなしに上品さを与えてくれます。

アクセは引き締め効果をもたらす、エルメスの黒いレザーブレスを。

jacket/steven alan

tops/Hanes

pants/ecbille

bag/ZARA

sandal.bracelet/HERMES

 

おまけ

子どもたちの水着やら着替えに気をとられていた私。ワンピースを持って行こうと思っていたはずなのに自分の着替えを忘れるという致命的なミスをおかしてしまい、滞在中はラッシュかボトムをかえて乗り切ることに。とほほ。

洋服見えするラッシュは、東原亜希ちゃんがディレクターをしているFORMEのもの。

 

既存のラッシュはピタッとし過ぎて脱ぎ着がしずらいイメージがありましたが、FORMEはほどよくゆとりのある今っぽいデザイン。ホテル内をウロウロしたり、なんならランチも出来ちゃう。優秀さが魅力です。

自分の洋服忘れるなんて。本当におっちょこちょいな母さんで、恥ずかしい限り。

 

 

でもね、お盆休みを満喫できたから、もう良しとします。『ザ・ペニンシュラ東京』は、キッズフレンドリーで本当に素晴らしかった。

 

 

“遠出せずに非日常を味わいたい”という方。移動時間の少ない都内ホテルステイは無駄な労力を使うことなく、リラックスできて、子連れにこそ、おすすめの場所ですよ^ ^

 

 

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

ライター川口ゆかりの「この服いいね!」 最新記事

ライター川口ゆかりの「この服いいね!」をもっと見る

Writer Profile

川口ゆかり

ライター

Yukari Kawaguchi

1977年生まれ。LEEでは私服コーデや収納企画など、登場するたび話題に。2児の母としてトレンドをプチプラと賢くMIXしたスタイルが大好評。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン