親子リンクコーデもおしゃれに! JINSのキッズメガネをファーストメガネに選びたい理由って?

最近は、子どもたちのメガネデビューも昔より早くなっている様子。でも、かけるのをイヤがったり、雑に扱ってすぐに壊してしまったり。子どものメガネ選びって、自分のものを選ぶより、なんだかとっても難しそう……。
その正解を知るべく集まったのが、キッズメガネに質問いっぱいの3人。“JINSさん、最近のキッズメガネって、いったいどう選ぶのがいいんですか?”

 

左から)
■LEEキャラクター山本愛さん/7歳、5歳の女の子のママ。自身はかなりの近視だけれど、ずっとコンタクト派。「学生時代から視力が悪いから、“メガネ=非おしゃれ”のイメージ。最近の“メガネでおしゃれする”感覚が、いまひとつ理解できないんです……」
■LEE100人隊No.018 なおっちさん/14歳、12歳、9歳の三姉妹のママ。なおっちさん、夫、次女がJINSのメガネ愛用者。「メガネは、ちょっとしたデザインの違いで顔の印象を変えられるところが好き。ちなみに次女は、メガネに慣れるのにけっこう時間がかかりました」
■LEE100人隊TB nahoさん/7歳の男の子、5歳、2歳の女の子のママ。「長男は3歳からメガネっ子だから、今さらかけるのをイヤがることはないけれど……最近、遊び方もやんちゃになってきて、メガネをいつか壊すのではないかとヒヤヒヤしてます」
■(株)ジンズ アイウエア事業統括本部CX戦略本部プロモーション戦略グループ 井垣絢子さん/3歳の男の子ママ。「子どもがタブレットを見たがるときは、必ずJINS SCREEN KIDSをかけさせます。」
キッズメガネ
今どきの選び方
子どもにうれしい
ポイントがさらに
メガネも服も!
親子リンクコーデ♡

 

 

気になるキッズメガネの今どきの選び方
JINSの方に聞いてみました!

井垣:nahoさんとなおっちさんのお子さんは、メガネをかけているんですよね?

naho:はい。長男が3歳からかけています。今はもうかけることをイヤがったりはしませんね。体の一部みたいな感じなのかな。

なおっち:うちは次女がメガネっ子。上と下の娘はまだだけれど、いつかはメガネになりそうな気がするんですよ。だって夫婦ともメガネで、JINSのヘビーユーザーだし!

naho:実は最近、慣れすぎるのも考えものだな、と思っているところです。男の子ということもあって扱いが雑になっているから、いつか壊すんじゃないかと心配で。

井垣:お子さんの場合、視力が落ちているとメガネをかけなければ黒板が見えないなど日常生活に大きくかかわるので、壊れたらすぐに新しいものを用意しないといけないし、いつも心配・・・と親御さんはよくおっしゃいますね。JINSでは、特別なオプションレンズでない場合は最短30分でお渡しできますから、忙しい親御さんにも喜ばれています。ショッピングモールにある店舗も多いので、待ち時間にお買い物を楽しんでいただけますし。

なおっち:家族でショッピングモールに洋服などを見に行ったときに、ついでにJINSをのぞいてファッションのショッピングの感覚でメガネ作っちゃう。だって、キッズのメガネならほとんどのフレームがレンズ代込みで5000円ですよ? 思わず買っちゃいますよ。
※記事中のフレーム価格は、すべてレンズ代込み(単焦点クリアレンズに限る)

キッズメガネも“おしゃれ”で選んでOK!

山本:最近メガネっておしゃれなものがすごく増えたなあ、と思います。私自身、学生時代からメガネなんですけど、当時はかわいいメガネなんてなかったですから。メガネをかける=おしゃれを諦める、感じでした。

naho:今回、キッズメガネを見て驚いたのがそこ! 昔のイメージとは全然違う。デザインもカラーもすごく豊富

キッズメガネのデザイン、カラーの進化に3人とも感心

JINSキッズメガネ

井垣:JINSのキッズのメガネは、子どもたちの声から生まれたんです。2016年頃から約7000人の子どもたちに好きな色、フォルムをヒアリングして、かけ心地なども徹底的にリサーチした結果です。このヒアリングから、それまでざっくりと“大きい子用・小さい子用”と分けていたサイズ展開も、定番フレームに関してはXS、S、M、Lと4サイズに変更しましたし、色も見直しました。意外にも、子どもたちってシックな色が好きなんですよね。

山本:このクラシックなデザイン、かわいいですね。「メガネはファッション小物」っていうなおっちさんの気持ちがわかる! 私がかけたいくらい!

井垣:見ていただいているのは、この秋の新作「JINS CLASSIC KIDS&JUNIOR」です。大人用にも似たデザインのフレームがありますから親子でのおそろいも楽しめるんですよ。フレンチクラシックスタイルをテーマにしていて、デザインは、ボストン、ウエリントン、ボスリントン、ラウンドがあります。

大人っぽいクラシカルなデザインをそのままキッズにも。 フレンチクラシックスタイルがテーマの「JINS CLASSIC KIDS&JUNIOR」。ママやパパとおそろいコーデも楽しめる、おしゃれなキッズにおすすめのライン。
(左上から時計回りに)KRF-19A-018 386・KMF-19A-021 494・KRF-19A-019 254・KMF-19A-020 104(各)¥8000(レンズ代込み)/JINS
※9月下旬より一部店舗で発売予定

なおっち:ここ、フレームのところに星がついていてかわいい。

井垣:このモデルでは、フランスのヴィンテージフレームの要素をモチーフにデザインされています。ヨーロッパ製のメガネには、このような“六芒星”のリベット(鋲)がよくあしらわれていたそうなんです。ほかにも、1940年代のフランスのフレームが持つ“角感”を意識したモデルもあります。とはいえ、古い印象にならないように、鼻にかかるブリッジ部分は細めにするなど、工夫をたくさん凝らしました。

細部に至るまで、ヴィンテージフレームを元にデザイン。キッズメガネと言えど本格派の作りです。

山本:そこまでこだわっているんですね。本当に、大人も顔負けです。

キッズメガネ入門編は、UVカット効果のあるサングラスから?

なおっち:うちは次女がメガネに慣れるのに時間がかかったから、上と下の娘がメガネになったとき、自然に慣れさせる方法が知りたいんですよね。とにかく軽いものから選ぶとかですかね、やっぱり?

井垣:お子さんがメガネを煩わしく感じないように、軽さに気をつけることはとても大切です! あとはサングラス感覚でメガネを取り入れるのもいいかもしれませんね。

naho:それはまた、大胆な!

井垣:気に入ったJINSのメガネを、まずは度なしレンズでかけてみる。実はそれがサングラス代わりになるんです。

山本:視力が悪くなくても? 伊達メガネみたいな感覚でOKなんですか?

井垣:そのとおり、伊達メガネ感覚で使ってみてください。紫外線の一部が目に悪影響を与えると言われているのは、皆さんご存じだと思います。JINSのレンズは紫外線を99%以上カットしますので、サングラスとしてもお使いいただけるんです。

なおっち:その使い方なら、子どもも自然に慣れるかもしれませんね。「目を守るためにメガネをかける」。そう考えれば、メガネがぐっと身近な存在になりそう。

山本:うちの子ふたりはまだ視力が落ちてはいないけど、かわいいから夏の外出用として買ってあげたら喜ぶかも。おしゃれだし、目にもいいってわかったし!


お問い合わせ:JINSカスタマーサポートセンター
0120-588-418(月~金/10:00~17:00まで)※土日、祝日、年末年始を除く

PICK UP! 最新記事

PICK UP!をもっと見る

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン