ほっこり和むお茶の香り☆ 5月のレシピ 『新茶のあんみつ』

 

 

 

 

 

5月半ば

新緑が色濃く 鮮やかになるころ、茶摘みの季節です。

今年は5月2日が八十八夜。

八十八夜の日に摘まれた新茶を飲むと、一年間元気で過ごせると言われているそうです。

 

お茶の中でも新茶は苦みが少なくまろやかな味わい。

今回のレシピは『新茶のあんみつ』です。

香り高い新茶の蜜に、新茶の寒天とお豆腐の白玉を浮かべたお茶尽くしのあんみつ。

シンプルに楽しみたい さっぱりとしたあんみつです。

 

お豆腐白玉は柔らかく仕上げたいので、耳たぶよりも少し柔らかいくらいに捏ねあげます。

手で丸めて少し置くと、生地がだれてくるくらいの柔らかさなので、もう一度丸め直しながら、熱湯に入れて。

固いときは豆腐を、柔らかいときは白玉粉を少々加えて調整してください。

ほんのりお豆の香りがお茶の香りとよく合って、ほっこりと和む やさしい組み合わせです。

 

お店で見つけたら ぶぶあられ(お茶漬け用のあられ)もぜひ。

ほどよい塩気と香ばしさがいいアクセントになって、小さいながらもなかなかのいい仕事 (笑)をしてくれるのです。

 

穏やかな陽気で気持ちよく過ごせる 初夏の日のひととき。

この季節ならではのあんみつで、ゆったりとおやつの時間をお過ごしくださいね☆

 

 

 

 

 

 

新茶のあんみつ

【材料】 15x14cm 流し缶1台分

(緑茶かん)
・ 濃いめに淹れた緑茶   400ml
・ 水   100ml
・ 粉寒天   4g
・ 砂糖   20g

(緑茶蜜)
・ 緑茶   500ml
・ 砂糖   150g

・ 白玉粉   50g
・ 豆腐   80g
・ 抹茶   小さじ1/4

・ あんこ   適量
・ ぶぶあられ   適量

 

【作り方】

① 緑茶かんをつくる。鍋に水、粉寒天を入れ、絶えず混ぜながら火にかける。沸騰したら混ぜながらさらに2分ほど煮る。火からおろし、緑茶、砂糖を加えてよく混ぜる。

② さっと水にくぐらせた流し缶に流し入れ、冷やし固める。

③ 緑茶蜜をつくる。緑茶が熱いうちに砂糖を加えてよく混ぜ、冷蔵庫で冷たく冷やす。

④ 白玉をつくる。ボウルに白玉粉25gと豆腐40gを入れ、耳たぶより少し柔らかいくらいになるまでよくこねる。(固いときは豆腐か水少々を、柔らかいときは白玉粉少々を加える。)残りの白玉粉に抹茶と残りの豆腐40gを加えて同様になるまでこねる。

⑤ ④を手の平で小さく丸める。鍋に湯を沸かし、④をもう一度丸め直しながら熱湯に入れて茹でる。浮いてきたら1~2分茹で、冷水にとる。

⑥ 豆乳、砂糖をよく混ぜる。器に注ぎ、水気をきった⑤を入れる。

⑦ ②を角切りにし、器に盛る。白玉を盛り合わせ、緑茶蜜を注ぐ。あんこをのせ、ぶぶあられを散らす。

 

 

 

製作・撮影/八田 真樹
お菓子研究家。短大卒業後、会社勤めを経て幼い頃から好きだったお菓子の道へ転身。フランスに留学、ル・コルドン・ブルー パリ校卒業。ルノートル、ベルーエ・コンセイユなどでも学ぶ。著書に『フラン』『ケーク・サレ』(共に文化出版局)、『野菜・豆・果物のヘルシーお菓子』(扶桑社)、『板チョコスイーツ』(主婦と生活社)などが。

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

八田真樹さんの絶品スイーツ 最新記事

八田真樹さんの絶品スイーツをもっと見る

Writer Profile

八田真樹

お菓子研究家

Maki Hatta

旬の食材を取り入れた、手軽でおいしいスイーツのオリジナルレシピをお届けします。季節感あふれるスタイリングも、ぜひお手本に。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン