Sayaの12星座 星占い「星ごよみ」

2019年あなたの人間関係はこんなに変わる!/Sayaの「読む星占い」スペシャル

Saya、星占い、やぎ座
2019年の運勢
喪失と復活。運命的な流れを感じる一年

10年前にやぎ座入りした冥王星によって、やぎ座の人生は大きく変容しています。この10年かけて、優等生の顔を脱ぎ捨て、自分のやりたいことを追いかけたくなったのでは。その流れの中で喪失したものもあり、大切なものやポジションを取り戻したいと奮闘したのが2018年だったはずです。2017年の年末に守護星の土星がやぎ座に入ったことから、この流れが起こっているのですが、2019年も引き続き、土星はやぎ座に滞在。あなたに地道な努力を促します。

でも、4月から9月までは守護星の土星が、10月までは冥王星が頭上で「逆行」するため、試練や束縛を感じることも。また1月6日に日食、7月17日に月食がそれぞれやぎ座であることから、大きな転機となりそうな一年。大切なものを失っても、またすぐに新しいものが入ってくるような、運命的な一年となるかもしれません。

手放すべきもの
人生の「形」、居場所での「戦い」

やぎ座は、「形」に興味が向かう星座です。大学を卒業し、上場企業に就職して家族の形を整え、結婚して家を買う。そんな王道コースが人生だと疑うことなく信じていたはずですが、2019年のやぎ座にとって、「形」はあまり意味をなさないよう。生きる意味を問う一年になりそうな気配。特に、家庭や職場での「戦い」を手放すことで、運が上がっていきそう。物質的には損をしても心の平安を選びましょう。

人間関係、ここに注目!
パーフェクトを期待しない

お年寄りや子ども、庇護心を感じる人にはとても優しく、慈悲の心を忘れないやぎ座女性。でも、パートナーには厳しいところがあり、理由を尋ねると、「夫とは永遠に付き合わないといけないから、きちんとしてほしい」なんて答えが。自分自身もワンオペでも子育てを頑張ってしまうタイプなので、夫婦ともに弱音が吐けなくなることも。もう少し自分にも相手にも甘くなれると関係もよくなっていきそう。

Web Special
2019年 やぎ座の男性は?

野心的でスノッブなところがあり、成功や達成を求めるやぎ座の男性。組織や社会に過剰に適応する優等生ですが、もう10年、冥王星がやぎ座に入っているために、優等生の殻を脱ぎ、本来の自分を生きようとしている人はとても多いのです。そのため、やぎ座の男性とつきあったり、結婚したりしていると、「こんな面があったんだ」と驚くような経験をしたかもしれません。あなたが期待していた優等生ではなくても、彼を愛せるのかどうか、こちらも問われているところがありそう。2019年の彼は、冥王星だけでなく、守護星の土星の影響も強く出ています。やり直そうとしている人もとても多いので、サポートが必須です。


☆Sayaの「読む星占い」へのご感想やご要望は、専用アドレス「hoshi@lee.hpplus.jp」へお寄せください。


この特集の次の記事を見る

Sayaの「読む星占い」 最新記事

Sayaの「読む星占い」をもっと見る

Writer Profile

Saya

アストロロジー・ライター

Saya

1971年生まれ。おとめ座。
現在は、京都で夫とふたり暮らし。雑誌連載のほか、オンライン講座や、ホロスコープ・リーディングのセッションを行う。

LEE100人隊をもっと見る

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン