日本が誇る完全防水最強スペック:DESCENTE水沢ダウン

043

ミキティ

真冬の海でも寒くない、日本が誇る水沢ダウン。
冬のアウター候補リストに入れていた方もいらっしゃるはず。
発売以来の水沢推しミキティが僭越ながらご紹介致します。
(このおじさんはミキティじゃないよ)

水沢を水沢たらしめるもの

簡単に言うと「縫い目がない」そして「ファスナーまでも防水」
(縫製の代わりに熱接着とシームテープ、ファスナーは止水加工)
まさに「一滴たりとも侵入させない。羽毛ひとつ逃さない」鉄壁の守り。
これを実現できるのが岩手県のデサント水沢工場だけなのです。

↑ フロントの止水ファスナーは二重構造、
画面左側のメッシュの方を使えば
ダウンを脱がずに体温調節が可能になります。

そして脇の下にもファスナーが付いています。
ここを開ければ熱がこもりすぎず快適になります。
こんなところにファスナーが付いているのに
腕の動きの妨げにならないのはさすがです。

夫の:VERTICAL(バーティカル)

メンズで丈が長め・高身長で手足が長い半分ドイツ人に合うサイズ、
滅多に出会えるものではありません。
3年前に買ってから、彼の冬のアウターはこれだけ。
「天気を気にしなくていい」「体温調節が容易」「ブランドロゴが目立たない」
「ストレッチするから着ていてストレスがない」「スポーティーすぎない」
そして何より “Made in Japan!”といたくお気に入りで
通勤も休日も水沢一択。もう元とれてそう。

およそ8年前にはほとんど誰も知らなかった水沢ダウン、
今ではセレクトショップでも取扱いされるほど知名度が上がりました。
通常のダウンよりも製造工程が多く、しかも手作業のため
1日に作られる数が限られており、市場に出回る数も少ないです。

本来アスリート向けなので身長高めの方は特におすすめ。
(夫188、私は168あります)

来シーズンご検討の方は是非お早めにゲットして下さい❤︎

この記事へのコメント (0)

コメントを投稿する

※ コメントにはメンバー登録が必要です。

043 ミキティ 神奈川県 主婦・絵描き

LEE100人隊

36歳/夫/手づくり部・美容部/10代後半を海外で過ごし、大学で英文学と日本画を学び、現在ハーフの夫と暮らすバイリンガールです。素敵なもの、かわいいもの、おいしいもの、ユニークなものが好きです。
Instagram:@mikitique

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン

LEEメンバーになって
お気に入りの記事をCLIPしましょう!

LEEメンバーになると何ができるの?
会員限定記事が読み放題
マイページにお気に入りの記事リストが作れます。
プレゼントやイベント、セミナーに応募できます。
人気連載などにコメントができます。
お得な情報が満載のメールマガジンをお届けします。

メンバー登録はこちら

すでにメンバーの方はこちら

ログイン